紀伊國屋ホールのフロントサイド

 昨日は、無謀ナイト だったので、開演前に舞台に立って前説を。
 
 少しでも多くの若者に、見て欲しかったから、自分の席もリリースして、フロントサイドのすスペースから、舞台を見ていた。
 ここは全盛期の、つかこうへい が紀伊國屋ホールでの定位置としていた、伝説の場所。
 劇場に入ると、前方左右に照明がダーツと並べられている、でっぱりがある。
 その上手側である。
 そこからの舞台の眺めは、斜めからの見おろしで、下手側はかなり見えないんだけど、
伝説のスポットだからな。
 紀伊國屋でやるときは、時々必ず、ここに行くことにしている。

 つかさんは、ロビーに立つことはなかったから、うんと前に座れた時に、振り返って見ると、たまーに、その姿を垣間見ることが出来たりしていたものだ。
 舞台進行中である。
 深くつかこうへいに憧れた、演劇小僧は、劇中であったも、その姿を拝みたくて、振り返り振り返りしていたのだ。
 さぞ、邪魔くさいガキだったことだろうよ。

 つかこうへい、がいったいどうやって、こんな舞台を作ってるのか、その謎が知りたくて知りたくて、たまらなかったのだ。

 つかさんがロビーに立たなかったのは
 自分の娘がこれからお客たちに犯される、って時にへらへら玄関先で笑ってられますか!
 という理屈であった。
 そんだけ真剣勝負なんだ、ってことだった。

 劇団を始めて、10年ぐらいはそのスタイルを真似てやって、裏に引っ込んで頑張っていたものよ。
 しかし長い活動の中、経済的にも私が全面的に責任を負うことになって、そんな大作家先生的な顔だけでやり通すことは困難となり、
 怪しき興行師として、前面に立つことにした。

 俺の芝居は娘でなく、息子なんだと、今では思っている。
 自分でしっかり闘って、敵の首、獲ってこいや!という精神である。

 ところで昨夜
 無謀ナイトは、またまた夢のような公演だった。

 若いというのは、本当に素晴らしい。
 イチイチの反応が違う。
 笑い声が元気、拍手の音が、パチパチと弾む。

 嫌だねえ、歳とると。
 イチイチ、泣き笑いする力がもうない……

 笑っても、音にならずに、空気になって、
 手を叩いても、パサパサと枯れた音になる。

 400人の、見たいと思った、学生たちが集まってくれた。
 (ここ大事!学校行事じゃないんだぜ!)

 演劇好きとか、何かで奨められた、若い力が、期待をもって、或いは強い好奇心で、全力で、カブリついて見てくれるから、役者も燃えて熱くなる。
 昨日までは、コソっと笑ってくれるだけだったところが、ドカーンと爆発的に受けたりするから、役者が驚き、演技細胞が活性化する。
 そういう細胞があるんです、本当に。
 
 怒涛の如く、2時間5分が過ぎて
 カーテンが下りた時の、嵐のような拍手を聞いて、
 私は、サイドフロントで、久々に鳥肌が立ちましたよ。

 ああ、こんな空気の中に、あの時、確かに俺はいて。
 こんな空気の中で生きる人になりたいと強く願ったのだな、と思い出した。
 つかこうへいの秘密の小部屋で。

 予言しちゃうけど、残念ながら、昨夜の公演以上の公演は、たぶんない。
 今後のお客様には、本当に申し訳ないけど。
 違う感動しか生み出せない。
 だって、我々がどんなに頑張っても、あのお客さんたちが、集まってくれなくちゃ、ああはならないんだから。
 芝居としては、昨夜よりずっと良い出来の日は、必ず来るけど……

 せめて、昨夜の境地、状態に少しでも近づくように、と演技細胞を自力で活性化させるのが我々の務めでしょう。

 それぐらい特別な公演なんです。
 無謀ナイトは。
 幻冬舎様の熱烈サポートがあればこそ、実現できている贅沢だし。
 
 扉座ファン、演劇を愛する方たち、皆さまにもぜひ、あの光景をお見せしたい、その中にいて頂きたいと強く思うけど、それも出来ない。
 なんという一期一会の奇跡。

 昨夜、そんな夢を見せてくれた、学生さんたちに、心からありがとう!

 7月2日、厚木でもう一度、チャンスはあるから
 見逃したお友達にご紹介してあげて。次は25歳以下、無料の大盤振る舞いだよ。



 追伸
 劇中のマイクパフォで、幻冬舎様とか、見城様とか、イチイチ言っているのは、何か媚びへつらってんじゃないか、演劇としておかしいんじゃないか、みたいなことをおっしゃる方もいるようですが、
 これもねえ、すべて、つかこうへい演出の様式なんですよ。
 つかさんがそうしていたから、心を込めて、その型と精神を継承しているのです。

 普段の扉座見てくれたら、そこらへんの違いも楽しんでいただけるんだけどね……

 まあ、そんな、つか世界さえ知らぬ人が多くなってしまった時代なので、しょうがいなですけど。

 しかし、それ以上に、昨夜のような至福を、支えて下さる良きスポンサー様に、誠心誠意のお礼を申し上げるのは当然だよと、私は改めて思いました。



 
  
 

 
 

 


   
  
 
 

















無謀ナイト と 芸術監督シートat厚木市文化会館

 扉座公演が近づいてきた。幻冬舎プレゼンツ『郵便屋さんちょっと』再演。

 この公演で、新宿は紀伊國屋ホール公演の22日の夜 学生無料招待 ☆無謀ナイト
 厚木市文化会館公演 7月2日 25歳以下無料招待 ☆芸術監督シート

 の企画があることをFacebookで紹介し、その記事の拡散を皆さんにお願いしたところ、350近くの方が、情報の拡散に協力して下さった。
 賛同してくれて、ありがとうございます!

 この企画は、幻冬舎様、厚木市文化財団の、若い人をもっと劇場に呼ぼう!という情熱的なサポートによって成立しています。
 
 そもそもは私が、厚木高校に入学した時、潰れかけていた演劇部に、たまたま名前を貸すだけの約束で入部したんだけど、その演劇部の先輩たちに誘われて、桜木町・青少年センターでの、つかこうへい事務所『熱海殺人事件』を見たことで、すっかり演劇のとりこになり、
 たまたまが、運命へと変わり、劇作家への道を歩むことになった。
 ということがあって。
 その時は、つかこうへいの名も知らないし、それほど見たいとも思わなかったんだけど、先輩がチケットをくれるというので、タダならばと思ってワケもわからぬまま、ついていった、という事情でした。

 当時、青少年センターは、話題の舞台を次々に招聘しては、県下の演劇部員に格安で見せるという、すごいことをやっていたのです。
 この時もチケット代金は500円。だから先輩にも奢れた。(それでも立派な先輩たちよね、お小遣いから出したんだろうから。素晴らしい人たちです!)
 つかこうへいが、そろそろ演劇界の寵児になるころとは言え、古い演劇人たちからは邪道だと激しく批判もされていたころで、公共ホールが招聘するなんて、きわめて画期的なことであったようです。

 しかし、古臭い新劇とかをお勉強的に見るんじゃなかったからこそ、若い私たちには、余計にぐっと来る舞台だった!

 そんな縁もあり、神奈川県知事・黒岩さんが懸命に推進するミュージカルを柱とした文化事業マグカルにおいて、かつての隆盛が嘘のように消え、すっかり廃れて取り壊し寸前にまでいっていた青少年センターの復活活動に、使命と思って私は取り組んでいるワケであります。
 個人的には、聖地を守る聖戦と思って!(ちと大袈裟ですが)
 それはともかく。

 よっぽど程度の高いおうちに生まれでもしない限り、普通の子は、劇場なんかとは無縁に育つのが、今も昔もたいして変わらない状況と思われます。格差が広がる今の方が、深刻かもしれない。
 青少年センターも今はそれほどの予算はなくて、とてもそこまでのことはできませんから。
 せめて学校が、予算作って、劇場に連れてきてくれればよいんだけど、そういう活動も全国に広く行き渡っているとは言えませんしね。

 今の日本では、近くの誰かが、たまたま強く奨めて、或いは誘って連れて来てくれないと、芝居を知らぬままに人生を送ることは、むしろ一般的なのです。
 私は、ついに今年、16歳で描いた処女作から数えて、劇作人生40年を迎える、正真正銘演劇一筋の男であるわけですが
 その私が、あの日、先輩のチケットをたまたま手に入れなかったら、たぶん演劇なんかやっちゃいなかったろうという話なわけです。
 ホント見なきゃ、知らないままだから。演劇がとんなに面白いモノか、なんて。

 そんな状況をわずかでも動かせれば、大勢の方のお力添えを得て、無料公演を実現させた甲斐もあるというものです。
 昨年やって、好評だったものに、また手を加えて、さらに練り上げて、まずは劇団にとっての聖地・紀伊國屋ホールに乗り込みます。
 若い人たちにも、必ず喜んでもらえるものだと自信をもってお届けします。

 こういうことをいつも出来たらいいんだけど、そうはいかぬのです。
 いろんな幸運と思いが重なって、実現したことです。
 ぜひ、若者たちにお声がけを!
 
 しかも、つかこうへいの『郵便屋さんちょっと』ですから。(そのままじゃなくて、かなり扉座版ではありますが)

 皆様の更なるお力添え、よろしくお願いいたします。

 また、大人の皆さまにおかれましても、ぜひ、ご高覧頂けますよう、伏してお願い申し上げます。

 

 

 
 
  


  
 

 
 
 
 
 
 
 

 










ジパング青春記 その2

 伊達政宗が黒船を作って、欧州に使節団を送った。
 その壮大な歴史ロマンを綴りながら、
 先の大震災と大津波の悲しみと、復興への願いを舞台作品として語ることができた。

 つくづく、この巡り合わせは、奇跡的なものだと思う。
 
 わらび座新作『ジパング青春記 慶長遺欧使節団出帆』は、4月15日に角館・わらび劇場で初日を開けて、すでに公演中。

 しかし初日の翌日からさまざま用事が立て込んでいて、私は終演後に帰宅していた。
 で2週間ぶりに、もうひとつのロングラン『げんない』のキャスト入れ替え稽古をするために角館に行って、舞台を見た。

 この短い間でも、若いキャストたちの進化が目覚ましく、
 またダンスとか歌とかの各所も熟成が進んでいて、完成品を見た気がした。

 でしみじみ、思った。
 
 おそらく、私がわらび座と組んで作る作品として、これ以上のものは出来ないのではないかな。こんな奇跡がまた起こるのはきっと数十年後だろう。
 
 自作の最高峰というつもりはなくて、今後も、更にマスターピースを目指して扉座や、他の現場で仕事は続くんだけど

 わらび座にしかできないこと。
 長い長い座の伝統芸と、今の技術、新たな感性との、よき出会い。
 しかも今この時に、作って、この劇場で人々に見てもらうべき内容。
 数作の共同作業を経て、各スタッフと築いた相互理解と連携、その完成度。
 集まった俳優たちのすばらしさ。(その未完成な若々しさも含めて)
 
 今の進行中の『げんない』はじめ、今までのわらび座、坊っちゃん劇場での仕事も、面白かったと胸を張っていうけれど

 わらび座じゃなきゃならなかったか
 今この時に、ここでやるものか、見せるものか、と深く問う時、この『ジパング青春記』ほどのオンリー感、タイムリー感はないだろうと思う。

 ま、それぞれに異なる製作意図があるんで、それはそれで大事なのだけど。

 今回の『ジパング青春記』の奇跡感は、それらの諸事情をちょっと超えて、はるか遠くまで届きそうな気がするのである。
 それも十年後にとか、いつの日かではなく。まさに今、この時に。

 たとえば大津波という言葉にしても、復興というキーワードしても
 エンタテイメントの中で扱うには、決して簡単な言葉じゃないが、
 この劇場にミュージカル作品の中の言葉として響かせるには、去年でも来年でもなく、今この時がベストなんだという気がするのである。
 早すぎても、生々しすぎるし、遅くなると刺さらない。

 そしてそのベストが、今ここで生まれていると思うのである。

 もしこれが傑作と人々から呼ばれて、将来再演を重ねたとしても、きっと今この時にわらび劇場で放たれているほどの、強い光は発さないだろう。
 また、とても素晴らしいから東京でお金をかけて、有名俳優、実力者を集めて上演しようと試みても、今の俳優達、この一座、劇場で見る以上の感動は産めないだろう。

 私は今この舞台を 日本中の人々に見てもらいたいと、真剣に思う。

 もしこれを東京でやってたら、もっと反響がスゴイだろうな、と少なからぬ経験から予測する。
 桜の季節を迎えた、わらび劇場ではゴールデンウィーク中も善良で温かいお客さんたちがそこそこ見に来てくれてはいるけれど
 皆、誠実で慎ましやかな、方々だ。
 とても穏やかに、静かに、見守ってくださっている。

 祭りの時しか熱狂しないという東北の人々。
 復興大臣に、侮辱されても、口汚く言い返すなんてことはまったくしないで、微笑みと共に話題を、美しい話へとすり変えてしまう。
 どんな困難でも内側に感情を抑えて、じっと耐えぬく強さが、かの地の美徳と私も愛するが、
 しかし芝居だって祭りだからさ。
 ロングランではあるけれど、限りある生ものだからさ。
 できればもっともっと熱くメッセージを発してくれたらいいのにな。

 私は、滅多にここまでは言わないんだけど
 そして、評判とは自分で立てるものではなく、人が立てるものだと思って、常にやせ我慢してるけど。

 皆があまりに静かだから
 今回は思い余って、自分で叫びます。
 煽ります。
 こんな舞台、いわば惑星直列のような、何10年に一度起きるかどうかの奇跡だよ。
 それが今、角館で生まれて、毎日上演されてるんだよ。
 
 だまされたと思って、見てみて欲しい。
 そしてもっと騒いでほしい。
 
 ここにこんな劇場があって、こんな舞台が毎日真摯に上演されていることを、人々に伝えてほしい。 

  
 

 

  
 



 
 
 

 





井之上隆志さん

 新国立劇場で、茅野イサム演出の『いとしの儚』で、
 赤鬼をやってくれて

 岡森の赤鬼とは、まったく違う、軽妙でファンキーな鬼で。
 喜んで、浮かれたら、踊り出すような、鬼で。
 でも、そのちょっとしたアドリブ・ダンスが、

 懐かしのソウルトレインみたいな雰囲気で

 日本のオッサンなのに、リズム&ブルースで、粋でクールで
 
 黄金期の浅草みたいな人だった。(そんな浅草知らないんだけどね)

 六人の作家に恋の短編を委嘱した『大人lovelovelove』 をシアタートップスでやった時、客演して貰った。

 巨匠・鈴木聡さんに依頼して書いてもらった短編で演じた、
 小さな町工場に左遷になったオッサンは、絶品だった。
 ニート役の岩本達郎と、不倫相手の工場の経理役の鈴木里沙と。

 三人が、どうでもいいようなことを、雑談しているだけなんだけど
 くだらない会話の中に、行き詰った生ける屍みたいな中年男の哀愁と、でも死んでない、打っ屈したエロスが漂う。

 終盤、突然里沙のパンストを破き、激しい性愛のラブシーンとなるのだが
 (里沙は、今のところ、これが舞台でキスした唯一の経験であると言う)
 ここが哀しいくらいにおかしくて、
 しかし、ゾッとするような色気に溢れていた。
 井之上さんの撫でる、里沙の太ももで、ドキドキしたもんな。

 和製ジャック・ニコルソンだと思ったよ。

 もっともっとその仕事が見たかった。

 いつか、私が演出する公演にも出てね、出してね、と約束していたのに。

 芝居ってな。
 消えて行くからな。
 やっている、その時が、すべてだからな。
 恋と同じで、その時の輝きが、何物にも代えがたい命でな……
 そして強い強い思い出だけ、残してゆく。

 その真理を噛みしめる。
 
 あなたみたいな色気のある面白い俳優が、世界には必要だよ。
 受け継げるものがあるなら、だれか、しっかり受け継いでくれ。
 せめて、追いかけてくれ。

 合掌。
 
 
 

  
   









ムッシュ

 かまやつひろしさんで忘れられない思い出がある。
 かつて、とある国民的イベントの、パーティでたまたま同席した。
 加藤和彦さんを通じて、面識だけはあったので、ご挨拶して、少しお話させて頂いた。
 私らの子供時代からのスターだからね。
 テレビドラマ「時間ですよ」とかで見てたんだな。

 で
 そうこうするうちに、偉い人たちの挨拶コーナーになった。
 国民的イベントなので、かなり偉い政治家とかの挨拶が始まったわけだ。

 すると、
 私の隣にいた、かまやつさんが、私の耳元でささやき始めた。

 インチキ臭いよね……
 この人も嘘つきだよね……
 悪い顔だよね……

 まったくその通りだな、と思うぐらい、これだけ素晴らしいアーティストが揃ったパーティで、そこには触れずに、どうでもいい名前だけのお偉いさんの功績を褒めたたえるとか、かなりピント外れのスピーチが続いて、私も内心手をたたいて笑っていたものの、
 一向に飽きる気配なくムッシュは、スピーチが続く限り、その手の、毒舌しかし的確すぎる感想、を呟かれていたので
 そのうち、誰かに聞こえるんじゃないかと、こっちがハラハラしてしまった。

 ご本人は、聞こえていいと思ってたかもな……

 ロッカー、ブルースマン、と言う人がいるとしたら、
 この人こそ、そうなんだな、としみじみ思った。

 ゴロワーズどころか、スリムライトさえ、吸わない私であるが
 今夜は、心で、ゴロワーズを吹かしている。