井之上隆志さん

 新国立劇場で、茅野イサム演出の『いとしの儚』で、
 赤鬼をやってくれて

 岡森の赤鬼とは、まったく違う、軽妙でファンキーな鬼で。
 喜んで、浮かれたら、踊り出すような、鬼で。
 でも、そのちょっとしたアドリブ・ダンスが、

 懐かしのソウルトレインみたいな雰囲気で

 日本のオッサンなのに、リズム&ブルースで、粋でクールで
 
 黄金期の浅草みたいな人だった。(そんな浅草知らないんだけどね)

 六人の作家に恋の短編を委嘱した『大人lovelovelove』 をシアタートップスでやった時、客演して貰った。

 巨匠・鈴木聡さんに依頼して書いてもらった短編で演じた、
 小さな町工場に左遷になったオッサンは、絶品だった。
 ニート役の岩本達郎と、不倫相手の工場の経理役の鈴木里沙と。

 三人が、どうでもいいようなことを、雑談しているだけなんだけど
 くだらない会話の中に、行き詰った生ける屍みたいな中年男の哀愁と、でも死んでない、打っ屈したエロスが漂う。

 終盤、突然里沙のパンストを破き、激しい性愛のラブシーンとなるのだが
 (里沙は、今のところ、これが舞台でキスした唯一の経験であると言う)
 ここが哀しいくらいにおかしくて、
 しかし、ゾッとするような色気に溢れていた。
 井之上さんの撫でる、里沙の太ももで、ドキドキしたもんな。

 和製ジャック・ニコルソンだと思ったよ。

 もっともっとその仕事が見たかった。

 いつか、私が演出する公演にも出てね、出してね、と約束していたのに。

 芝居ってな。
 消えて行くからな。
 やっている、その時が、すべてだからな。
 恋と同じで、その時の輝きが、何物にも代えがたい命でな……
 そして強い強い思い出だけ、残してゆく。

 その真理を噛みしめる。
 
 あなたみたいな色気のある面白い俳優が、世界には必要だよ。
 受け継げるものがあるなら、だれか、しっかり受け継いでくれ。
 せめて、追いかけてくれ。

 合掌。
 
 
 

  
   









ムッシュ

 かまやつひろしさんで忘れられない思い出がある。
 かつて、とある国民的イベントの、パーティでたまたま同席した。
 加藤和彦さんを通じて、面識だけはあったので、ご挨拶して、少しお話させて頂いた。
 私らの子供時代からのスターだからね。
 テレビドラマ「時間ですよ」とかで見てたんだな。

 で
 そうこうするうちに、偉い人たちの挨拶コーナーになった。
 国民的イベントなので、かなり偉い政治家とかの挨拶が始まったわけだ。

 すると、
 私の隣にいた、かまやつさんが、私の耳元でささやき始めた。

 インチキ臭いよね……
 この人も嘘つきだよね……
 悪い顔だよね……

 まったくその通りだな、と思うぐらい、これだけ素晴らしいアーティストが揃ったパーティで、そこには触れずに、どうでもいい名前だけのお偉いさんの功績を褒めたたえるとか、かなりピント外れのスピーチが続いて、私も内心手をたたいて笑っていたものの、
 一向に飽きる気配なくムッシュは、スピーチが続く限り、その手の、毒舌しかし的確すぎる感想、を呟かれていたので
 そのうち、誰かに聞こえるんじゃないかと、こっちがハラハラしてしまった。

 ご本人は、聞こえていいと思ってたかもな……

 ロッカー、ブルースマン、と言う人がいるとしたら、
 この人こそ、そうなんだな、としみじみ思った。

 ゴロワーズどころか、スリムライトさえ、吸わない私であるが
 今夜は、心で、ゴロワーズを吹かしている。

 

 


  
  







二十歳のLOVE

 昨年末、横浜青少年センターでの『歓喜の歌』の大千秋楽。
 カーテンコールで、あいさつした時

 このセンターの舞台で、厚木高校時代、高校演劇県大会で岡森や六角と処女作を上演したのが、今の私たちにつながっている、とスピーチした。

 のだが、その時に、私は、三十年前に、三十年前にと連呼したらしい。
 
 実際は、四十年前(正確には三十九年前)が正しい。
 30年前は、すでに今の劇団の活動期である。

 三十年前でも、十分にひと昔話的なので、何の違和感もその場に起きてはいなかったが、あとでいろんな人に指摘された。またドサクサ紛れにサバ読んだね、と。

 いやいや、まったく自分でも気付いてなかった。
 四十年てのが、むしろ突飛すぎる響きだ。だって

 40年前て、いつだ!

 そんな昔から生きてるのか、俺は。
 しかも、岡森や、六角と演劇やったってどういうことよ?

 諸君、時というのは、恐ろしいものだよ。
 こんな私たちのことさえ、半世紀もの年月を、軽々と運んでこんなとこまで連れて来てしまう。
 
 あの時の我々が、お前らそのまま40年後まで行くから、と言われても、何のことやら意味不明の、遠い未来だったはずなのに……
 
 年寄りの人生には、SFではない、かなりリアルなタイムマシンの物語がある。

 そんな時の流れを噛みしめるイベントが間もなく、もう一つ開幕する。

 扉座研究所卒業公演 「lovelovelove20」

 ついに二十歳だよ。

 第一期に二十歳だった若者が今は四十才になっている計算。
 これを、二十年やって来てるんだよ。

 いろんな役者、演劇人もここから世に出て行った。

 今年やたらに、あちこちで名が挙がっている、高橋一生もここにいた。
 彼はすでに子役で活躍した経験もあり、芸能事務所所属してたけど、逆に同世代とか現代的な小劇場の経験がないから、若いうちにそういうことを学ばせたいと、懇意にしていた事務所の社長さんから頼まれて、預かったカタチ。
 リサやケンタたちと、loveloveloveもやった。

 恋のオムニバスというコンセプトは二十年変わらないが、スクラムが生まれたのは、3、4回目の頃か。
 ユーミンの『ノーサイド』というラグビーの歌を聴いていて、ノーサイドという言葉から思いついた。

 ラグビーは試合が終わるとノーサイド。サイド=敵味方 が消えてなくなり、人々がひとつになる。

 それがロミオとジュリエットの物語に私の中で結びついた。
 loveloveのラストにそのイメージを使おう。 

 その時、メインで演出していたのが、今は『刀剣乱舞』とか、2・5次元ミュージカルの代表的演出家になってしまった、茅野イサム。
 そのイメージを伝えると、熱血指導で、茅野が、熱い熱いパフォーマンスに仕上げてくれた。その熱血指導は、代々誰かに受け継がれて、今年もラストは熱いスクラムからの、ノーサイドで終わる。

 思えば、茅野にとっても、このloveloveloveが演出家としての原点であった。

 劇場も20年の間には、転々とした。

 第1回は、都立大学の千本桜ホールという小劇場。
 銀座みゆき館とか、高円寺明石スタジオとか。原宿のど真ん中のライブスペースとか。
 新馬場の六行会ホールも結構やったな。

 銀座みゆき館では、六角の今の嫁が、研究生として、六角精児と出会っている。六角は、たまたま、本当にたまたま、
 日比谷の日生劇場で拙作の、ジュリー主演の音楽劇『ザ近松』に出演中で、有名な大劇場、日生から劇団の飲み会に駆けつけて来た、売れてる先輩俳優のテイで現れ、得点を稼いだのだった。
 オレ今、メジャーな日生劇場で、あの有名な沢田研二さんの舞台に、数々の著名俳優の皆さんとともに出演中だから、名もなき研究生諸君も見に来れば?的な。

 lovelovelove はリアルloveもたくさん産んだのだった。実際にここで一緒にラブラブラブをやり、その後結婚した者たちもいる。 

 ここ数年は、スミダパーク内の『スタジオ・マル倉』でやっている。
 ここは我々の本拠地なので、気分のノリが良い。
 研究生たちが1年間、汗し、涙した場所である。

 ここで初めてやることになった時、スカイツリーはちょうど建設中で、日に日にやぐらが組みあがっていく状態の頃だった。

 そんな半端な状態を、ぜひチラシにしなさいと指示し、200メートルぐらい組みあがった状態のスカイツリーをバックに、研究生たちの並ぶ姿がチラシとなった。
 かれらがいつか、自分の子供たちに、それを見せる時が来るだろか。

 あのスカイツリーが、こんな状態の時、私はその近くにいて、一心に演劇の修行に打ち込んでいたのだと。
 そしてloveloveloveという舞台を必死に作って、やり遂げて、皆で抱き合って泣いたのだと。

 スミダパークの古い倉庫の中にあった、昔の稽古場は建物ごと取り壊され、今、同じ場所に新しい建物が建設中。ピカピカの大スタジオもその中には出来るとか。
 まあ、そこを扉座で使うことはないだろうけど。
 今となっては、夏は外よりも蒸し暑く、冬は外よりも寒い風が吹く、あの隙間だらけのボロボロの稽古場が愛おしく懐かしい。

 また時が過ぎ、景色が変わってゆく。
 
 しかし、数々の思い出たちが、ますます鮮やかに蘇ってくる。
 今年も同じようにキラキラと流れ落ちる、それだけは変わらない、若者たちの、汗と涙の力で。

 lovelovelove20
 2月14日から。錦糸町スミダパーク内スタジオ、マル倉 にて。  

 ★20回アニバーサリー公演として、歴代loveloveloveの記録写真の特別展示なども、計画しているようです。
   
   
 

  
 
 

   


 
  
 
  


 

 

  



 









ジパング青春記

 暮れから正月にかけて取り組んでいたのが、4月から秋田角館・わらび劇場で上演される。

 ジパング青春記 慶長遺欧使節団

 というやつのホン。
 ミュージカルなので、まだ曲作りという大事業がまるまる残っているけれど。

 伊達政宗が、晩年、自腹を切って黒船を作って、ローマまで使節団を送ったことは、有名だが なぜ、そんなことをしたのかは諸説あって定まらない。

 私が最も好きだったのは、スペインと仲良くなって、無敵艦隊を江戸に呼び寄せ、家康から天下を奪おうとしたのだ、という説だった。
 伊達政宗らしく、壮大で、面白いじゃないか。

 とは言え、あまりに荒唐無稽で、面白すぎる。
 太平洋を渡る船の建造だから、莫大な金のかかることで、道楽にしては、ちと度が過ぎるのである。

 しかしその謎に近年新たな学説が加わった。

 震災被害からの復興政策だったんじゃないのか、という説だ。

 実はその船が石巻の浦から、出帆する二年前に、仙台藩の領内で大地震、及び、大津波が起きて、大きな被害を受けているのだ。
 現在の科学的推測で、東日本大震災と同規模のマグニチュードとされている。

 地震学者は、当然昔から知っていた。
 歴史学者も、記録にも残っていることで、知識としてはちゃんと持っていた。

 でも、「津波で小船が山の上まで運ばれた」という記録を、ちょっとオーバーなんじゃないか、盛ってるんじゃないか、と思っていたのだった。
 
 実際に、あの津波に遭うまでは。

 加えて二年後というのも、ピンと来てなかった。
 大津波から二年後の状況がどんなものなのか。

 地震の時期と、出帆の時期とのつながりが、実感を伴なって結びつかなかったのだ。

 しかし、実際に津波から二年たって、現代の被災地の状況を見た時に、
 被災から二年後、その浜辺で、巨大な船を造って、ヨーロッパまで送り出すということが、どんなに規格外のプロジェクトなのか、を実感を伴なって感じ取ったのだ。

 政宗は、大津波で大きな被害を受けた、その場所で、のべ何千人という人間が働かなくては出来上がらない、前代未聞の大仕事をやらせたのだ。当然、雇用を生み、そこに大金を落とした。
 しかも、それは大津波が襲って来たその海、太平洋を津波と逆行して渡りきってやろうじゃないか、という大プロジェクトだ。
 
 そして使節には、まだ誰も開拓していなかった、太平洋横断ルートを使っての、メキシコ及びスペイン、欧州各地との交易を実現させるという使命もあった。
 実現すれば、被災地だった石巻一帯が、大きな貿易港となって、逆に大きく発展したことだろう。
 政宗は、信を置く家臣・支倉常長に、その任務を託していた。

 それが復興政策説である。
 それは歴史の見落としと言えば、見落としであるが

 実際に震災を体験して、そこで仙台の学者さんたちが、ハッと気づいたという
 その発見そのものが、鮮烈なドラマというべき出来事である。

 あの船にはそんな思いが乗せられていたのか!   

 船の名が、サン・ファン・バウティスタ号というので、あたかも外国籍の船のようだけど、スペインの宣教師たちの指導によって、神のご加護を求める名になっただけで
 この船は、あくまでも政宗が考えて、政宗の自腹で造り上げた船なのである。

 つくづく、なぜ、政宗丸と しなかったかと悔やまれる。
 
 ともあれ、
 今回の作品はその新説に依って、政宗の黒船建造と、欧州への使節団派遣を描くものである。
 今まで、そんな視点で描かれた、慶弔遺欧使節団の物語はない。
 たいてい、突飛なる政宗の野望か
 ヨーロッパで洗礼を受けて、キリシタンとなったサムライ、使節の団長・支倉常長の、信仰をめぐる葛藤の物語か。(七年の渡航の果て、帰国した時は、国は鎖国でキリシタン禁止という過酷の運命に見舞われた)

 しかし、今回はずばり、震災と、蘇りがテーマである。 
 四百年前に三陸で起きた震災と、それをとんでもない大仕事で乗り越えようとした、かの地の人々の物語である。
 津波の海に、夢を抱いて、出帆してゆく物語だ。

 それはエンタテイメント作家としては、正直少々、荷の重い仕事で、かつてない緊張感で、取り組んでいる。
 公演は、仙台でもほぼひと月、予定されている。
 四百年前とは言え、地震と津波の話なんだ。いろんな人たちの気持ちを踏みにじりたくない。

 しかし一方で、
 このタイミンクで、こんなテーマに巡り合うことは、滅多にあるものではないと、その運命を噛みしめてもいる。  

 それはまだ誰も、小説にも、ドラマにもしていない、手つかずの物語なのである。

 この後に、たぶんいろんな表現手段で、同じテーマでの
 サン・ファン号の物語が、繰り返し描かれてゆくことになるだろう。

 『ジパング青春記』を、それらの確かな礎となり、道しるべとなり、続くクリエイターたちが、それを新しく描こうとする時、必ず顧みられるような作品にしたいと思う。
 直虎だって、俺、先駆けてやってんからな。
 それも二年前にな。

 そんなことを今、やっています。



  
  
 
  
    

 
  
 








謹賀新年!

 今年もよろしくお願い致します。

 結局大晦日も、ホン書きをやって、おらが春はまだ先ですが、皆さまにおかれましては、健やかな新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

 さて、先日のことです。まったく正月らしくない話題なのですが。

 私、横内一家で熱海に行ってまいりました。昨年が両親のダイヤモンド婚というやつで、お祝いの会を皆で開いたのですね。
 結婚満六十年という記念で、これはねえ、大変な大事業です。
 まず離婚していない。そして、どちらも健在という条件が必要です。うちの両親はたいしたもんです。しかも、ふたりとも自動で熱海まで来て、酒飲んだり、風呂入ったりしてますからね。
 とにかく、めでたいめでたい、と、この日だけは仕事も休んで、一泊二日したわけです。

 ところが、不穏なメールが、扉座事務所あっこ君から入りました。

 PCや書きかけの台本の入った横内さんのものと思われるカバンが、熱海署に遺失物として届いていると、熱海署から連絡がありました。以下の番号に急いで連絡してください。

 慌てて、熱海署に電話した時はすでに、営業時間外で、明日じゃないと対応できないということでした。

 とは言うものの、ハテと私は思いました。
 おれ、PCなんか熱海に持ってきたかいな……

 しかし今、熱海で、そんなもの落とす横内さんは、俺しかいないだろう。何しろ、書きかけの台本なんていうんだから。第一、何か確証があって、扉座に電話が来たんだろうし。
 そりゃ、横内のものと思われるだろうよ。

  とは言うものの、どうにも覚えがないんだね。
  横内は横内でも、親父のカバンじゃねーの?と疑ってもみたけど、
 さすがに八十四歳、PCなんか使ってないんだな。書きかけの台本も、オヤジが持ってるはずがないし。
 
もしかしたら、隠れてコッソリ台本書きを始めたんじゃないか、という説も出た。

 息子に出来るんだから、父親にも出来るだろうと、思ったんじゃないか、なんて。

 しかし、当然のこと親父も知らんと、否定する。
 
 もっともオヤジも、アレ、俺か?なんて顔してましたよ。それなりの歳ですから、ボケという問題もあるしね。
 かくいう私も、ホン書きのさなかだから、軽く記憶とか失ってるのかも、と自分で自分が怖くなった。

 何とも、狐に鼻をつままれた感じで、その夜は更けていきました。
 さて翌日、熱海署に電話を掛けると、確かに、PCと書きかけ台本と、扉座のチラシがたくさん入ったカバンが届いているという。

 え、それ、なんていう台本ですか?

 いえいえ、あんまり細かい情報を電話でお伝えするワケにはいかないのです、とおまわりさんは言ったけど、ちょっと食い下がってみると

 「コンタクト・ブルー」ですね。

 いやいや、これは明らかに私の仕事ではない。
 もし自分が知らないタイトルで、自分が書きかけていたとしたら。これはかなり恐ろしいホラーですよ。

 でも、なんか聞き覚えがあったのですね。まったくの無関係ではない感触がした。
 何なんだ、いったい、ああ気持ち悪い……

 そのかばん、熱海のどこに落ちていたんでしょう?

 街ではないです。電車の中です。上野湘南ラインの車内で、終点の熱海で回収されたものです。

 諸君、これはねえ、推理小説の書き方教室みたいな話だよ。

 この瞬間、ずーーーーーーーーーーーっとモヤモヤしていた謎が、さーーーーーーーーっと解明されていった。

 つまり、それはたぶん東京、神奈川辺りで車内に忘れられて、熱海でやっと回収されたんだね。
 で熱海署の人が、調べて、これは扉座と関係があるのは間違いないと、電話してくれたわけだが。
 電話を受けた扉座事務所あっこ君は、横内家が熱海に行くことは、同じくちょーベテラン扉座事務員である横内オヤジから聞いて知ってたから、てっきり、私が熱海で落としたと思ったんだね。
 それも展開にまったく無理がない。

 ところが私は熱海にいたのは偶然なんだね。
 そして、あとはすべて理に適った、必然だった。

 俺のじゃねえな、と事務所赤星に電話してる時、にしても誰のカバンだ?
 「コンタクト・ブルー」って何よ?
 
 と語り合い、その時、ふたり同時に、アッと声が出たね。

 先日、研究所卒業公演『LOVELOVELOVE20』のためのオーディションがあって、若者たちの創ったエチュード作品を五時間分見たんだけど、確かに、そこにそんなタイトルの短編があったのだった。

 うちの研究生たちは、この時期、ほぼ全員、書きかけの台本を持っている。

 聞けば、一昨日の夜は、そのオーディションを終えて、いよいよ本格的な作品作りに入るための飲み会が、犬飼指導員の音頭で、熱く開催されたという。

 あ、「コンタクト・ブルー」の研究生がへべれけに酔っぱらって、電車の中に置き忘れたんだね。大事なカバンを。
 それが東海道線で、熱海まで行っちゃったんだね。

 代わりに俺が引き取ってやろうとしたけど、印鑑付きとかの書類がないとダメらしく、断念した。

 にしても、面白い話があるものだね、と横内家で笑いあったものよ。
 んが
 ここにはもう一つ、オチがついていて。

 妹一家は車で来ていて、帰りに、箱根とか寄っていったらしいんだが
 途中のどこかで、姪がスマホを落としたと、大騒動になったのだった。
 幸い、ソバ屋でみつかって、翌日姪はひとり、登山鉄道で引き取りに行ったそうな。

 人の忘れ物、笑ってる場合じゃなかったんだね。
 と、洒落たエピローグまでついてる、推理小説教室であった。

 そんなこんなで、忘れ物に気を付けて、私は今年も頑張ります。
 ぜひ、劇場にいらしてください。
 
 ちなみに事務員あっこ君は、昨年から正式に扉座常勤となっています。
 皆さま、お見知りおきの程を。