新たな季節

 何から書けばいいのか、分からないぐらい、月日が経った。

 蜷川さんの訃報は、秋田角館で、舞台稽古中に聞いた。
 東京からのスタッフが大勢集まって、アレコレやってる最中だった。
 かなり、心配だと聞いていたので、もう覚悟は出来ていたけれど、イザその時が来ると、胸が詰まるものだ。

 私なりに少なからず思い出がある。お仕事もさせて頂いた。

 思い出すのは、初めてお会いした時のこと。
 28ぐらいの時。『きらら浮世伝』という作品の本打ちをしている時だった。

 隣の部屋で、蜷川さんのグループが、その年の瀬にやる予定の、松坂慶子さんのディナーショウというやつの打合せをしていた。 
 同じプロデューサーがやってた仕事で、打合せの合間に紹介をして貰った。

 蜷川さんは当時、すでに時代の寵児である。
 しかし、サッと立ちあがって、蜷川です、と言って下さった。

 その後、仕事などするようになって、気づいたのだが、喫茶店とかで、ウェイトレスがコーヒーとか持って来るだけで、ありがとう、と必ず仰る。

 怒鳴ったりするところばかり、広められているけれど、実に礼儀正しい紳士だった。

 あの時の蜷川さんは、五十半ばという頃か。ちょうど今の俺の歳なんだと思うと、愕然とする。こっちはそろそろ、晩年に向かうところかも、なんて気持ちでいるというのに。

 思えば、若々しくカッコ良かった。
 そして駆け出しの若者に対しても、きちんと向き合ってくれる、巨匠だった。

 遠く及ばずながら、この私も、若者を紹介された時、サッと立つ人であろう、そしてウェイトレスに、ありがとうと言う人であろうと、思う。

 三月ま終わりから、四月、五月と、スーパー歌舞伎があったり、横浜アカデミーの発表会があったり
 秋田で、わらび座全国公演『げんない』の稽古をしたり。
 いろんなことをしながらも、ずっとPCを携帯し、隙さえあれば、新作書きに没頭していた。没頭しすぎて、いろんな局面で、うわの空な気配もあったと思う。それは非常に申し訳なく、この場を以てお詫び申します。4月からは、正直、頭から、郵便屋さんがずうっと消えずに暴れておりました。

 時間がない時は、真夜中に起きて、書いてみたり、久しぶりに徹夜もやった。それで睡眠が乱れまくって、先週あたりは、まともに寝たという記憶がない。一回布団に入っても、ふと考え始めて、また書きだしたり……

 当然行く先々で、顔色がさえず、心配されていた。
 実際に、かなり苦しくて、今回は、きっちりと命削った、実感あり。
 
 『郵便屋さんちょっと2016』という、つかこうへいコラボシリーズ第2弾。

 それを何とか稽古開始予定に間にあわせ、明日から、稽古入り。
 
 今回もまた、幻冬舎・見城さんからの熱い応援もあり、つかさんの7回忌でもあり、
 どうしても、成功させたい作品である。
 
 先人たちの生きざまに、見習い。
 今この時の、芝居作りに、全身全霊をかける。
 渾身の舞台をお見せします。


 
 
 
 
  

 


  
  
  


 
  


 








そのヒゲ刈って、晒してやろうぞ!

 博多から、帰郷。
 無事にというか、良い感じで、四か月公演の最後の海に、一味は船出した。

 1日のゲネにはHKT48 のメンバー35人が駆け付けてくれた。前日にホークスタウンの常設小屋が閉館になり、ちょうど移転の準備期間。タイミングよく、多くの子たちが見に来れた。

 去年の8月、その名も博多少女歌舞伎と名乗って、彼女たちが立ったのと同じ、その博多座の舞台。
 でも、忙しい彼女たちは、ほとんど博多座の舞台というものを見たことがないという。
 ことに歌舞伎は、初体験。
 ま、今回は純正歌舞伎とは言い難いけど。

 実は彼女たちが、去年の舞台でやったことの多くは、スーパー歌舞伎の手法に基づくものだったので、どうしても見せてあげたかった。

 で、猿之助丈はじめ関係各位にお願いしたら、招いて良いとお許しが出た。
 しかも、どうせなら、前の方に座わらせてあげよう、とまで言って頂き、特等席にメンバーがずらりと並ぶことになった。

 松竹座から多少の変更点はあったけど、3か月公演を経て、もはや根幹は揺るがぬものになりつつある、舞台だから、余裕があった。
 むしろ、俳優諸氏も、この珍客を面白がってくれて、いろいろサービスしてくれた。
 ま、2幕終わりのテーマソングのシーンなんかは、無人の客席相手では、逆にやりづらいからな。こちらも、彼女たちがいてくれて助かる部分はあったのだ。

 バッタリとか、大向こうとか、
 専門用語も使った去年のHKT公演だった。開演前にしっかりレクチャーして、観客に掛け声なんかかけて貰う趣向だったのである。
 だから、彼女たちも、それらを知ってはいたわけだが、ついに
 本物の バッタリ などを目撃、体感したのだった。

 本当に、バッタリってやるんですね、って、そこからかよ! とのけぞりそうになる感想もあったけど、 
 モノはワンピースだし、原作のファンも多くいる彼女たちの食いつきは非常に良くて、笑い、驚き、泣き、心底感激してくれた様子だった。

 こんなすごい劇場で私たち、やらせて貰ったんですね、と。
 涙目で誰かが言ってくれたけど、
 
 先にこちらがあって、その後に、彼女たちの舞台があれば、もっと良かったよな。
 とはいえ、そこに気付かず終わる可能性もあった訳で、良い機会が出来てよかった。
 きっと未来の何かに繋がると、私は信じる。

 このゲネの後、彼女たちが一斉にツィッターとかで、スゴイとか、良かった!とか発言を連発してくれたので
 博多座は、どんな宣伝を始めたんだと、一部で疑いや非難の声も上がったらしいが
 そんな仕掛けはないということを、ここで申し上げておく。
 ただただ、コレを見せたかったんだ。
 芝居の面白さ、歌舞伎の凄さ、熟練の俳優たちの芸とパワー……

 彼女たちはそれを受け取り、本当に、良かった!と思ってくれたんだと思う。
 そりゃ同じライブに生きるパフォーマー同志だもの、感じ合えるに決まってる。

 で翌日は初日。
 何度もリピートしている感じのお客さんもいたけれど、何せ大きな博多座。それだけで客席が埋まるはずもなく、圧倒的に初見だという地元のお客さんが多い感じで
 反応がとても新鮮であった。
 俳優たちも、もう飽きても不思議ではない120回オーバーの芝居を、初めての舞台のように渾身の力で演じていた。
 何よりも、皆が、この舞台を楽しんでいるという気配が、客席にドンドンあふれ出してくる。
 実際、皆、楽しそうで、2幕の終わりなんか、出なくても良いはずの幹部俳優まで、必死に早替えしてアンサンブルになりすまし、舞台を走り回っている。

 で最後は、熱い熱い拍手と掛け声。

 実は、東京の時とちょっと似ていて、博多座のチケットは、日によってはまだ少し残っている。
 松竹座は、少し小ぶりな小屋なこともあって、ほぼ完売状態でスタートだったようだけど。

 けど、初日のそのすぐ後、帰り際にもう一度見たいと、新たにチケットを買うお客さんが現れたりして、急速に動き出したと聞いた。

 ほぼA席しか残ってなくて、しかも、エッと息を呑むような高額で、おいそれと知り合いや友人たちに、見に来てよとも言い難いものなんだが
 それでも、その価値がある、或いは、これでも安いと言ってくれるお客さんまでおられるようで

 心の底から感謝しつつ、ああ、この作品に出会い、携わることが出来て、私は幸せであるとしみじみ噛みしめた博多の夜であった。

 しかし後ろ髪ひかれつつ、下船。
 私は次の航海へ向かう。

 ブログのタイトルは、意味不明だと思うけど。
 そのうち明かします。



 
 
 

 
 
 
   

 
 
 
 

 
 
 



宣言

 今春から、私は 読売巨人軍 のファンになる。

 今、最も地に落ちた球団ではある。
 しかし、その陰で、私にとってとても大事なことが起きた。

 そもそもは巨人少年だったのだ。
 あの頃の日本の少年が、ほぼそうであったように、この私も。
 野球小僧真っ盛りだったころは、北九州小倉に住んでいたが、
 ライオンズではなくて、ジャイアンツ小僧だった。
 年に一回、巨人が西鉄、やがて太平洋クラブ・そしてクラウンライター・ライオンズとのオープン戦で来るのが、年間行事の最大の楽しみで、読売系の仕事をしていたオヤジが貰って来る、内野席のチケットが宝物だった。(ライオンズが埼玉に移る前のことです)
 王も長嶋も生で見てる、柴田も土井も、そして末次が好きだった。
 野球帽だって、一度、太平洋クラブにしたことがあったけど(小倉球場で、東尾や基のサインとか貰ったのでね)、その一度以外はずっと巨人だ。
 
 思い起こせば、厚木高校の高校演劇部員だった、三十うん年前(オヤジの転勤で神奈川県民に)、江川卓という優れた投手を巡って巻き起こった、インチキな出来事が、青春まっただ中だった私には、どうしても受け入れがたく、
 その一件以来、野球に対する思いを急速に失ってしまったのだった。

 表向きはアンチ巨人、しかし、その実、まあどうだって良いや、ってものに、日本の野球はなってしまった。
 その後、野球は、やっぱりいいなあと思い直したのは、大リーグ中継が始まってから。
 近年は、日本の野球より大リーグの方が詳しくなっていた。

 それもこれも、あの事件以来。
 何とも罪づくりなことだったのだよ、あれは本当に。
 そしてその後起きた、清原、桑田の問題。
 あれがもう決定打。
 若者の気持ちを、汚い大人たちが、台無しにしやがって。
 しかも権力使って、好き放題しやがって。

 生涯、巨人は許さんと誓ったものよ。

 しかし、縁あって、十数年ほど前から、私は文京区に越したのだった。
 しかも、文京区内の引っ越しもして、

 東京ドームまで歩いて行けるところに住むことになった。

 でな、白状すると、飯田橋にある劇団事務所からの、辛い打合せの帰り道など、
 時々、辛くて辛くて、ああ、気晴らししたいと、思いつき

 ドームに立ち寄っていたのだった。
 なんせ帰り道だったりするのだ。ドームがな。
 フラリと外野に紛れ込んだりして。
 巨人戦も昔みたく、いつも完売じゃなくなってるからな。

 当たり前だけど、テレビで見るより、生は断然素晴らしい。
 大リーグのレベル、パワーとか、知らんけど、打球の音、ミットの音。ワーッと上がる歓声。
 そりゃライブに敵うものはないよ。
 遠くて見に行けないものなら、仕方ないけどね。

 むろん巨人戦は極力避けたよ、というか、日本ハムが札幌に行ってからは、巨人戦が主になったから、相手チームの応援だよ。その時々にね。
  
 でもね、その度に思う訳よ。
 ああ、こんなに近くに球場があって、プロ野球球団があるんだよな。
 アメリカなら、死に物狂いで応援すんだろうにな……
 応援できたら、楽しいだろうな、なんて。
 だって、サンダルつっかけて来られるんだから、ここには。

 そんでまた、巨人に良い選手がいるんだな。
 坂本なんかショートに立ってる姿だけで、カッコいいし。三遊間に飛んだ球が、抜けていったのを見たことないし。
 豆タンクのような沢村が、低く低く重心を下げて、ゴムまりみたいに投げる姿も、美しいと惚れ惚れする。

 でね、実は数年前から、決めていた。
 最高顧問が球団から消えた時、私は現場に復帰しようと。
 彼一人のせいでもなかったのかもしれぬが、それでも、一握りのオッサンたちが、大きな権力で多くの人の善なる気持ちを踏みにじるようなことは、イカンし、その中心に居たのは間違いないからな。
 しかも、最も善なるものであるはずだし、また、この世で、善であり続けることが可能である稀有にして貴重な営み、であるところのスポーツの世界でな。
 言うまでもなく、この世の営みの多くは、善に留まって、追求することが難しいものばかりだ。
 だからこそ、我々は、曇りなく爽やかな、実力勝負のスポーツを愛するのである。
 実力以外のことで、勝ち負けが決まり、或いは、勝負が誤魔化されて、忸怩たる思いを抱かされ続ける人生に疲れて……

 そのあたりの思いは、フィールド・オブ・ドリームスという映画に、美しく描かれている。
 野球界の人たちは、も一度、あれを見て欲しい。 

 彼は、かなりお歳だから、その時はそう遠くないとは思っていたけど、人の逝去を待つようなのは、気が悪いなあと思っていたところに、今回の騒動での辞任が決まった。

 恩讐の彼方に行こう。

 これを機に、私は今までの確執を忘れようと思う。
 そして、巨人軍が、まことかつてのような輝きを取り戻してくれるまで、応援してみようと思う。
 
 

  

 
 
 
  








ワンピース歌舞伎

 そもそも ワンピース歌舞伎 なんて言葉はないのである。
 しかしネット検索すると、もはやこれが一般的になっている。

 『ワンピース』の大阪公演、三日間を見届けて、私は一味と離れて東下り。
 大盛り上がりの劇場と心斎橋に、ずっといたかったけど、後ろ髪ひかれる気分で、一座にサヨナラいってきた。

 何度も言うけど、『ワンピース』がこんなに成功するとは思っていなかった。

 私は、稽古の早い時期に手ごたえを得ていたけど
 でも、それは個人的なもので
 ワンピースファンや、歌舞伎ファンの感想とは、まったく別物だろうと思ってた。

 何しろ、前評判が際どかった。

 話題にはなっても、どんな失敗になるのかお楽しみ、的なトーンが多くて。
 身内もかなりマジで心配していたものなあ。

 そんなもの引き受けた勇気に拍手なんて、な。
 走る前から、努力賞、かんばりました賞、決定かよ、という感じだった。
 (それどころか、いろんな賞貰ったんだぜ。大谷竹次郎賞という歌舞伎脚本の賞もね。お祝いメッセージなどたくさんありがとうございました。稽古場でみんなで書いたようなものなのに恐縮ですが……これで歌舞伎の新作と認定されたワケであります)

 しかし、今思えば、そんなふうに前評判、期待値が下がっていたから、逆にやりやすかった面はあったかもしれぬ。
 猿之助さんはじめ歌舞伎界の人たちや、製作チームにとっては、大失敗は深刻だったろうが、
 俺はまあ主犯とみなされ断罪されても、江戸というか、新橋・銀座ところ払いになるぐらいの話でな。
 新橋・銀座を出禁になっても、錦糸町本丸や厚木の出城が残るからね。

 雑念なしで、力を抜いて、のびのび大振り出来たのかもな、と今思う。
   
 そういう意味では、実は、この再演に向けて、今回はちょっと慎重だった。
 九月の頃に比べて、期待値が俄然上がっているからな。

 新橋公演が終わってからいろんな人に言われたものよ。
 ワンピロスですよ、と。
 東京だけで三十回ぐらいリピートしたお客様とかに、どーっと半券見せて頂いたりして。

 三十は明らかに、私が見た回数を凌駕しているのである。
 お客様の方が、私よりも、スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』を熟知していて、しかも再開を待ち望んでおられるのである。
 ネットとか覗き見ると、昨年の秋には

 お願いだから辞めて欲しい!とか、絶対に行くか、そんなもの!とか

 みたいな言葉が多かったのに、というか被害妄想に取り憑かれた目には、そういう否定文ばかりが飛び込んで来たのに。
 今や

 絶対に行かなきゃ一生後悔、人生損しますよ、なんて身内でもない方が、見てない人たちに呼びかけてくださったりしている。

 嬉しいけど、正直、ちょっとビビる。

 東京公演の半ば頃には、猿之助さんから、次に向けていろいろ変更したいと言われていた。
 また、新キャストの参加、キャスト変更もあった。

 普段だったら、ほんの三か月後の再演にそんなに変えなきゃイカンなんて、面倒くせえな、と思ったりするんだけど
 今回は、去年の内から綿密に打合せ、もう一回、原作を読み返し、全体に手を入れて、改訂校をこしらえた。

 だからまったく浮かれてなくて、さらなる真剣勝負をしてるんだ。

 そんなニューバージョン、お蔭様で、大阪松竹座公演は連日満員御礼状態のようです。
 おおきに!

 ただ、四月の博多公演はまだ、良いお席もあるみたい。 

 今日年の夏、指原莉乃様の座長公演でお世話になったばかりの博多座に
 スーパー歌舞伎でまた行けて、とても嬉しい。

 実は、博多座はスーパー歌舞伎が最も引き立つ小屋だと、これは先代猿之助が明言した劇場なのです。
 タッバがあるから、宙乗りが、たかーーーい所を飛ぶし、花道はちゃんとあるのに、小屋の雰囲気がハイカラでね。
 歌舞伎と宝塚、どちもちゃんと上演出来るような小屋、というのがコンセプトらしいので、まさにスーパー歌舞伎的なのです。
 博多座公演もどうぞよろしく!

 そう言えば、HKT48のみんなにも、見て貰わなくちゃな。

 たぶん、驚くと思う、同じ小屋で、自分たちもやった覚えのあることが、いろいろと起きているから。
 同じ小屋なのに、違いすぎて、びっくりではなく。
 アタシタチもやったよ、これ的な。

 あれは実は、スーパー歌舞伎様式で創ったからね。
 基本はあれこれ重なっている。
  
 HKT48メンバーとファンの皆様は、大向こうだって出来るんだしな。

 

 さてそんな私は、この間に、新作書きに。
 6月にやる、扉座公演です。

 必死こいて書く!
 ゲキゲキの実 食いたい、どこかにないか?


  
  

 
 

 
  

 
 
 
  

 
   
 
  
 
    

 
   
 




復活の日

 今日『ワンピース』の稽古場に、則岡君が現れた。

 まだ車イスだけど、皆と再会を果たし、握手を交わし、談笑していた。
 そして稽古を少し見ていった。

 倒れて間もない頃、お見舞いに行って会った人たちは、一言も発せず、寝たままのノリさんしか見てなかったから、
 今の回復ぶりに驚いている。
 
 まずは稽古場に現れることを目標にしようよ、と語ったのは、年末の頃か。
 それが『ワンピース』なら良いのにな、とは思ったものの、間に合うかなあ、という感じだった。
 三月の大阪公演のための稽古を終えると、あとはもう、二か月続きで、ひたすら公演の日々である。
 それも大阪、博多だから、本番を観るには、ちと大変過ぎる。
 
 それが、この稽古に間に合った。
 良かった。
 本当は、この大阪博多公演の為に、かなり大幅に手直しした、ニューバージョンの通しを全部、見せた上げたかったけど、まあ、焦らず、今の元気に感謝。

 ボク、二日目に倒れたから、知らなかったけど、
 その後、とても盛り上がったそうですね。
 しみじみと語っていた。

 そう言えば、そうだった。
 その頃はまだ、この舞台が、こんなに話題になり、熱狂的なリピーターが付いてくれるなんて、予測もできなかったな。
 そうなんだよ、その後、凄いことになった。
 僕らの想定を超えてな。

 本当に苦労の甲斐があったよ。
 
 あの盛り上がりもぜひ、見せてあげたいな。
 四月の博多辺りで実現するかな。

 しかしそれも、まあ、焦らず。

 彼が稽古場に現れて、皆と笑い合った。
 それだけでも、奇跡みたいなものなんだ。
 彼の気力が、奇跡を生んだ。
 まさにルフィみたいに。
  
 倒れた直後は、こんな日が来ることが想像できなかった。
 お医者さんがはっきりと、覚悟してくださいと言ってたんだから……
 ホントに良かった。
 
 そして間もなく、我々の『ワンピース』大阪・松竹座で公演。
 新キャスト、新シーン、新キャラ、新演出、満載で、進化版を持ってゆく。