その後のこと

ひたすら、ホン書きの日々。
今年はこれからずーっと、書く。書く。書く。
横内がなんか静かにしてるな、と思ったら、たいてい書いてる時だ。
演出の時は、賑やかである。

もっともキャラメルボックス活動停止のニュースが流れた時は、
いろいろ思うことが溢れて止まらなくなり

Twitter で発言を続けた。思いつくままに、まとまりなく、怒ったり、心配したり、
昔話したり、提言をしてみたり。
何だか黙っていられなくなった。
痕跡は今も残ってるので、興味のある人は見てみてください。横内謙介、本名でやってます。

だってキャラメルボックスの動員力があって、それでもやり繰りできないなんて
それじゃ、本当に劇団を続けていくのは不可能であるという死刑宣告みたいなものだもの。
折しも、私は限界まで扉座を継続させていくと、決心したばかり。
極めて複雑な心境だった。
具体的な内容は、Twitterと重なるから、ここには書かない。

ただ大きな収穫もあってね。
それは、真面目に演劇の話をしたら、それを真剣に聞いてくれる人たちが思いの外に大勢いたと言うこと。
Twitterを始めたのは、周辺の若者たちから、座頭はFacebookを一所懸命にやってますが、今時、そんなの見てるの、オッサンとオバサンだけすよ。
本気で何か広めたかったらTwitterかインスタやって下さい、と指摘されたからだ。

だからスタートは昨年十一月。新参者もいいところである。
で、いろんなことを呟いてみたけど、この日記では使わない主義にしてる画像とかも取り入れて、やってみたけど。
結局、このひと月、マジに発言しないといられない気分で書き込み続けた、一連の演劇がらみの呟きが最も多くのリアクションを呼んだのだった。
画像なんかない、ただの、演劇(やってる)オジサン の嘆きと、訴えである。
知らぬ間に拡散とかもされていた。

ちょっと希望を持った。
同志はいるんだ、と思った。

劇団やってるのは、自分の勝手なのである。
ピンで売れないから、群れてんだろ、他所から呼ばれる仕事がないから自営なんだろ。
そういう言い方も出来るんだ。
喰えてないならアマチュアだろ。
それも言えてる。
でもな、劇団が演劇界に果たして来た役割は存外に大きいのだよ。
それは今も変わらないと私は確信している。
それぞれに売れることがゴールなんてものじゃないんだよ。

こう言い切るのは、劇団がなくなっても自分は、この業界で食ってく自信があるからなんだけどね。なんなら劇団辞めてフリーの活動に専念した方が、楽に仕事ができる状況なんだ。
でも、たとえ自腹を斬ってでも、これを続ける理由があると、今は思ってる。

そんな思いに共感してくれたり、共有してくれる人が、思いのほか大勢いたことが嬉しかった。

先日、九州戯曲賞の選考会で、博多に行った。審査員に佐藤信さんがいてね。
私が苦手として遠巻きに眺めるだけにしていた、アングラ世代の大家だよ。座高円寺の芸術監督だから、ずっと顔見知りではあったけど、初めてゆっくりお話ししたんじゃないかな。

劇団の勝負は、どれだけ応援者を集めるかだよね。
お客と言う名だけど、実質は応援者だよね。
興行だけじゃ、劇団維持は不可能だよ。

黒テントの最盛期、一公演八千人を集客して、それでもこのままの維持は困難だと判断した時の実感だよ、と教えて下さった。
そこでどう考え次の展開を生んだか、と博多の夜の話は続いて、私としても共感したり、知識を得たりしたわけだが、それはともかく。

劇団と言う、この極めてやっかいなものに対する、思いや考えは、かなりの歴史を持っていて、様々な人がそこで翻弄され、悩み、闘ってきたのだということだ。

そして、大きな足跡も残して来た。

始めた頃は、劇団なんて
青春の思い出として終わるものだと思ってた。
それが今や、人生そのものになっている。

キャラメルボックスという伴走者……は不遜だな。前を行く最も元気だったはずの仲間の姿が、ふわーと消えて、
大きな虚無感みたいなものに私も苛まれたのだが。

Twitterで大きな反応を得て、私なりに、活動の重みを噛みしめた、このひと月だった。
結論として、希望は失っていない。

人の受け売り出ですがね、

絶望しきって死ぬために、行けるとこまで行く。









































 




















のり平先生が言っていた

 稽古観ながら、雑念が湧く。
 集中してないじゃん。なんだけど、
 
 私の場合、普通に他所の舞台観てても、ほぼ雑念と向き合っているので、それが正しい状態だと言える。
 そして、それがエロとか、食い物のこととか、野生の脳の雑念ではないなら、むしろ良い状態である。酷い稽古と向き合う時は、気になって気になって、もはや雑念どころでなくなるのである。

 故・三木のり平さんが、言ってた。

 お前ねえ、眠れるなんてのは良い芝居だよ。酷い芝居じゃ寝てられないから。

 それはともかく

 昨日は、何故か、自分の芝居を観つつ、心の中で感想文を書いていた。それも、素朴な感想じゃなくて、ちょっと良いこと書いてやろう的な、コンクール用感想だ。

 人は命は地球より重いと言います。
 しかし、そのことを実感することが現代では希薄になりがちです。
 だからこそ、こういうお芝居を観て、それを感じることが大切だと思いました。

 自分で作った芝居を観つつ、自分が小学生になって
 宿題の、今日見た舞台の感想文を書いている。

 正直、自分でも自分のしていることの意味が分からない。
 でも、自然に雑念に入り、そんなこと考えたわけで

 酷い芝居じゃ、そんな平和なモードにゃ入らないだろうから、とりあえず、今のところ稽古は順調です。

 三木さんはこんなことも言っていた。
 25年前、とある稽古場で、窓ガラス越しに、子供が覗き見していた。
 それを見て

 子供が観てる芝居は、良い芝居だよ。

 今の稽古場、覗き見できる窓がないのが残念だ……
 でも扉座の公演は、厚木の子供たちがずーっと見続けてくれている。
 かなりエロいこともグロいことも、大人たちに混じって。

 時々心配になるけど、我らにとって大事な人たち。
 彼らに面白がられなくなったら、辞める時だ。

 
 

  


 
 
  
 
  
 







今日も稽古 明日も稽古

 扉座が、好きなように芝居を創って、お客さんに観てもらう。
 それが平和の持続だと、勝手に信じて、時代の区切りもいつものように活動しています。

 ちなみに30年前、昭和の終わりの日、私は当時下北沢にひとり暮らしをしていて、スズナリで知り合いの舞台を観ていました。昭和天皇、崩御の日ですから、公演はどうしてるのかな?と思って行ってみたら、フツーにやっていたので、フツーに観たのでした。

 そこからずーっと変わらずに今も稽古場や劇場にいられることに感謝にします。

 天皇制については、若い頃からいろいろと考えは変わってきましたが、今は、我々が選ぶ政権を信じることが出来ないので、よく分からない象徴と言う存在が、政治的権力とは少しずれたところにあり続けることが、案外、良いのではないかと感じています。
 現政権に最も効果的な牽制球を投げているのも、天皇だと私は感じています。

 もちろん、それが合体して戦争に邁進した時、制御不能になったという最悪の例が最も近い戦争の歴史に刻まれている訳で、油断はしてはならないのですが、
 そこはしっかり見張り、見守れば、そう簡単に同じ過ちは繰り返さない、それほど我々もバカじゃない、と信じたいです。
 その為にも、我々が芝居をやり続けようと思います。

 扉座が、芝居を出来なくなった時が、心配の時です。

 この4月いろいろと新たなこともスタートさせて、始めた以上はもう後戻りも出来なくて、劇団再起動の年となっています。
 改元はまったく意識してなくて、たまたまなのですが、何か区切りを付けて行く、区切りで変わってゆく、というのは、何故かしっくりくるものがあります。
 お正月的と言うか。

 結局同じように、また日常が繰り返されて、何も変わってないと感じたりするのでしょうけど、こうしてそこそこ長く生きてみると、
 その循環こそが、人生なのだろうなと思います。
 そういう巡りを感じさせてくれるのが元号なのかな。

 我々にとって、別に昭和スタイル、平成モデルとかもなく、実はすべてが継続の途中経過なんだけど、
 新たな仕事に向かう時、まず机を片付けました、みたいな。
 そんな心の区切りを感じて、過ぎたことは悔やまず、今は未来に向かう気分に浸ろうと思います。
 絶賛稽古進行中なので、リアルにはどこもゼンゼン片付いちゃいないんだけど。
 気分だけはね。

 そういう意味で退位は、良いね。
 昭和の時の、天皇崩御からの、新天皇即位は、悲しめ!という過剰な報道の洪水と同時に、新しい時代になるぞ!という煽りも同時にあって。
 なんだか、受け止め方が分からなかったもの。
 
 今は、サア、やるよ、で完結出来て、気分が良い。

 どうぞ皆さん、良い休日を。連休が明けたら、
 百鬼丸です!
 
 

  

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

 








門弟100人

 新浄瑠璃 百鬼丸 三回目の公演に向けて稽古中。
 初日までまだ三週間ほどあるんだが、チケットの売れ行きが存外良い。90%を超えていると言うのである。
 これは存外過ぎて、座員一同、まったく信じられず、これには絶対に何か落とし穴があるはずだ。やがてどんでん返しを食らうはずだ、と逆に不安になっている。

 素直に 期待されてる! 面白がられてる! となぜ思えないのか。喜べないのか。

 不遇の時代が長いと、こうして精神が歪むと言う例である。

 結局、誰もデータを信じておらず、セッセと宣伝に励んでいる。かく言う私も、油断は微塵もない。
 チケットは売るほどあります! 助けると思って、ぜひ扉座の代表作を見に来て下さい。

 ところで、その稽古の一方で、春の人集めが今日、一段落した。

 〇 扉座俳優養成所 
 〇 厚木舞台アカデミー
 〇 かながわ マグカルパフォーミングアカデミー
 〇 すみだパーク演劇部

 うちの本丸というべき、扉座総本山の、若者集めが若干苦労したが、今日オーデションしたマグカルも、厚木の子供たちのアカデミーも、例年の倍以上の集まりとなった。
 新規の演劇部、大人サテライト(50才以上)では、予定20を遥かに超えた応募があった。恐るべし、大人たちの中に秘められていた、芝居への渇望、情熱!

 本丸に苦労しているのが無念である。しかし、昨今、劇団系の養成所では、うちに限らず結構な老舗も生徒集めに苦労していて、閉鎖したというところも少なくない。
 そもそも若者の数が減っている上に、若者の気質も変わって来ている。総じて一年がかりで芝居を学ぼうなんて、今の若者には余裕もガッツもない、という傾向なのだそうだ。
 でも、そんなうちも必死で宣伝に努めて、去年以上の研究生を得た。
 これにて、来年の2月、スクラムはパワーを増して組めることになった。

 で
 今日、マグカル・オーディションを終えて、ざっと数えてみたら。

 な、なんと門弟の総数が100人を軽く超えている。
 その年齢差、厚木の小学四年生から、すみだの72歳まで。

 こんなに人集めして、いったい俺は何をしようというのか、と軽くめまいがした。
 到底、私一人で面倒を見きれるはずもなく、劇団の内外の同志たちの協力の下、活動してゆくのだけど。
 
 にしても、これが全員一堂に会したら、さぞ壮観なことであろうよ。
 しかも、それで一つの舞台を創り上げたとしたら、更に絶景なことであろうよ。


 せっかく始めたことだし、皆みな、意欲に燃えている人たちばかりだし。
 この上は、どの集まりも、少しでも長く継続して活動してゆく所存である。


 そして夢見る。この中から、目覚ましい活躍をする新しき人たちが、それは歳に関係なく、次々と現れることを。 何しろ、100人以上がいるのである。
 その可能性は、高まるばかりであろう。

 チケットがちょっと売れてるぐらいで、うろたえている場合ではないのである。
 100人以上が立つステージなんて、演舞場でも狭いぐらいだ。
 我らの今後にぜひ、期待して頂きたい。
 



 

 
 




 

 
  

 

 
 
 
  
 
 









扉元年

 四月一日の発表だから、ひとボケあるかと思ったら、まんまだった。
 新元号。

 まあ、こんな時に、官房長官がひとボケして、それを国民が楽しんで笑い転げたとか、そんな国はもはや、我々には遠い別のファンタジエンですね。
 そうなって欲しい気もしてて、そのために私は芝居作ってるんだけどな。 
 
 もっとも、その瞬間、結婚記念日で妻と共に映画館に居て『ダンボ』を観ていたから、映画の後でチェックしただけである。
 ダンボについては、かなり早めで、いきなり空を飛んじゃって、その後、どうするつもりなんだ?と心配になったが、今どきの映画らしく、盛り盛りで話を広げていた。

 子供の頃、大好きだった物語で、それをティム・バートンがリメイクするので楽しみにしていたんだけど。私が好きだった成分が減ってたな。しかも、この監督らしくない予定調和の甘さを感じた。耳の大きなマイノリティ、この監督お得意の設定のはずなんだがな。

 万人に向けたエンタテイメントのなかに、強烈な個性を生かすのは、本当に難しい。エンタテイメントとしては、特に文句はないんだけど。この人は常に違いを生み出す監督だから、期待も大きいんだ。
 
 他山の石と致しましょう。
 
 それはともかく
 我々には、扉元年です。
 
 この四月一日の夜は座高円寺で、今年度のラインナップ紹介イベントがあり、その後、座談会があり、シライケイタさんや長谷基弘さんとともに私も参加して来た。

 その席上、私はこの先10年の展望を語れと言うお題に、

 還暦で辞める予定だった劇団を、とりあえず期限を決めずに続ける。
 私が心身の健康問題もしくは借金で倒れるまで、無限継続だ、と宣言して来た。
 4月1日ではあったが。

 ちょうど1年前の、今頃だ。私はワンピース歌舞伎で大阪にいた。
 猿之助さんの大けがからの奇跡の復活公演だった。その時の、興奮は1年前の日記に詳しく記した。

 その記念日を超えて、さて帰京。そろそろ、劇団の今後について真剣に考えて終わらせ方の相談をしなきゃな、と思うタイミングだった。還暦まで3年半のところ。
 マジで、さて次の課題だ、と思いつつ帰り支度をして。

 心斎橋から新大阪までタクシーに乗った。
 そのタクシーの運転手さんが話しかけて来た。

 「東京ですか?私も東京でしてね、M商事で働いてました……」
 大一流企業である。
 何も尋ねてないのに、タクシードライバーは語る。
 「金も出来たんで。60少し前、早期退職で妻の地元の大阪に引っ込んだんです。あとはのんびり過ごそうと……しかしねえ、お客さん、2年でしたね。我慢できたの。退屈でした。ダメでした……それでこうして運転手です。とにかく活動してたくて」
 「……」
 「60で終わりは早すぎる」

  まあ、こちらがそれを気にしているタイミングなので、ありふれた言葉がこちらの胸に刺さっただけだろうが。

 大人のサテライトを始めたじゃないですか。
 すみだパーク演劇部。
 人が集まるのか、半信半疑だったんですよ。
 しかし、予定数をはるかに超えて、50歳以上の人たちが集いました。
 皆さん、若者以上に、熱く意欲的で。

 あの時のドライバーは預言者だったのか。
 それとも私を更なる地獄に誘う悪魔か。

 しかし、時代を創るのは、我々だからな。
 令和でも扉でも、それをどんな時代にするかは、我々次第なんだから。

 まもなく、百鬼丸、稽古が始まります。


 わらび座 ジパング青春記 のツアーカンパニー稽古のため、逗留中の角館にて。