歓喜と、オリンピック・ボランティア制服。

 11月からスタートした『歓喜の歌』が、昨日、横浜の演劇鑑賞会公演で終わった。

 第九合唱隊=歓喜団は、東北からの参戦もあって、総勢126名。
 舞台に隙間なく、歓喜団の並ぶ光景は壮観だった。
 そして圧倒的な歌声。まさに歓喜!

 この模様は、Facebookとかに写真入りでたくさん出てるから、壮観だった、とだけ言っておく。
 しばし、この余韻に浸っていたいけど、宿題をサボったツケが回ってきている。

 東北ツアーの間も密かにとりかかってはいて、
 帰ってきたら、出来上がってる、みたいな楽観的計画もあったのだけど、まったくそんなことはなく、 ここからの勝負になった。
 ああ……
 夏休み、8月29日ぐらいの気分……

 作曲の為に待ち構える深沢桂子先生に会うたびに、すんません、お待ちくだされと謝る日々。
 やりますやります、と言うだけは言う。

 さあ、こっからこっから、切り替えてくよ、切り替えてくよ。

 たった一人のチームで、自分に声をかける。

 今まで、ぐわあーーーと人がたくさんいた中から、突然、全きひとりの世界にこもる。
 この振幅に、身も心も適応するのが、たいへんでござる。

 そんななか、ふと思った。
 
 2020年東京オリンピックのボランティアの制服デザインが、とっても不評で、小池知事がやり直すとか言ってるらしいけど

 そういわれると、何か、欲しくなってくるのは、少し病み始めた私だけか。

 あの青色と赤色が、クドク入り混じったブレザーみたいな感じのやつね。
 (昔 ナカノヒロミチ とかで、あんなの普通にあった気がするんだけどな)
 
 確かに、はじめ見た時は、えっと思い、私も苦笑な感じだったけど
 みんながダサいダサい、言い出いして、こっちも勢いづいて悪口とか言ってるうちに、逆に何かが染み込んできて

 別にこれ、反骨精神とか天邪鬼とか、いうことでもなくて、

 妙な愛着がわいてきて、あれ着ると、なにか新しい世界が見えるんじゃないかと思えて来た。
 何よりも、時代を取り込む感じは漂いそうだ。

 あれを着たバンドって有りだもんな。
 あれ着こなしたら、今の時代を不思議に歌えそうな気がしない?

 だって考えて!
 草間彌生のデザイン、本当にみんな、最初から好きだった?
 
 そもそも55歳の私が、阪急メンズとかでせっせと買ってる、変な柄のトレーナーとかも、興味のない人にとっては、

 なにこれ、おかしくねえ?

 な感じだろうし。
 ギリギリ、それなりのブランドだったりするから、こっちもまだ踏ん張れてるけど。
 真っとうな同窓生とかに会って、真面目な姿、服装を見た時とか、
 時々、おれ大丈夫か、
 どう見えてるんだろう?と、我ながら心配にもなる。

 しかしファッションとはそういうものだ。

 そして真のデザインは、流行を作るものだ。
 皆がいいと思うのは、すでに流行なんだから。

 それじゃこれから作る意味がない。

 たとえぱ東京オリンピックの選手団の制服デザインとか、
 本気でやるなら、川久保玲さんとか、山本耀司さんとか、そこにつながる鋭い若手をしっかり口説いてお願いするべきだと私は思っている。
 新しい価値観を、きっちりと世界に提示してくれる本物のクリエーターね。

 男の子がレース付きの花柄シャツを着る、
 古い価値観からしたら、変態として捉えられたものが
 そういう人たちの感性でまとめられた時、
 男たちが武器、兵器を捨てるという、時代へのメッセージになる。
 
 美しく去勢されることが、世界的な流行りになる。

 それを素敵と思って男たちが装い、女たちが可愛いと言って、微笑む。
 それが世界の変革に関わることになる。
 大げさに言えば、そういうことだもの。

 そういう天才たちは、たとえばオリンピックに反対の人とか、興味のない人にまで届く、メッセージをデザインで提示してくれると思う。
 批判や皮肉も込めて、我々がこの時代の、大イベントにどう臨むべきか、新しいヒントを与えてくれると思う。
 私たち、凡人には、まだ気づけない、価値を提示してくれる人に頼もう。

 まだ気付いてないんだから、その出会いはきっと、違和感だらけなんだろうけど。
 最初からしっくりくるのは、ユニクロでいいんだし。
 それじゃ、レガシーにならんぜ。(いっそユニクロで、東京にレガシー一切なし!みたいなコンセプトも、きっちり振り切るなら面白いとは思うけど)

 レガシーとは、未来の価値なんだから。

 そういう意味で、あの制服の持っていた違和感は、もはやボランティアの制服を超えた感が、私にはする。

 一種、レガシーの匂いさえ漂い始めた。

 まあ、デザインそのものの力というより、そこに生まれたドラマも含めてのことだから、天才的所業とはいいがたいけどな。
 それでもそんな印象的なドラマを生んだのだから、力はあるというべきだ。

 それは政治的にも、哲学的にも装うことが可能であり、
 ひととき、マジョリティー及び権力に、これはダセエ、アリエン!と、きっちりジャッジして切り捨てられたという、
 徹底的にマイノリティーというか、不良生産物なのに

 へたなメジャー作品より、ずっと有名で、インパクトがあるという。

 まさに、価値があるとすれば、未来にしかない、
 究極のファッションになったと思うのである。

 予言しよう。
 あれ、ぜったい欲しがる人、増えてくるよ。
 早く、着こなした者の勝ちだ。





 ほら、まったく仕事に向かってない……
 今、私がとりかかるべきテーマと、これっぽっちも、かすってもない。
 
 おーい、切り替えてくよ!


 
 

 

 

 
  
 

 

 
 
   

  









年末に思う

ずいぶん日記を書いてなかった。
 facebook は連日投稿してて、細かい情報はそっちにせっせとあげていた。
 やってる方は、ぜひそちらも繋がって下さい。

 目下、劇団は『歓喜の歌』の東北ツアー中。
 一方で、私は来春にわらび座で開ける『ジパング青春記』という作品にとりかかっている。
 
 この間怒涛の如くやって来た『郵便屋さんちょっと』と『歓喜の歌』についても語らなきゃいけないことがいろいろあったが、もう頭は切り替わってる。
 今は、この作品で頭がいっぱい。
 もっともこれについて語りだすと、かなりマジになるので、これから小出しにしていく。
 
 個人的には、この作品作りは、ちょっとしびれる勝負になると思ってる。
 たぶん生涯何度かしか出会うことのない、大ネタと出会った。
 とだけ、今は言っておこう。

 これをどう仕上げるか、勝負だ。
 
 ところでもうひとつ秋以降私が取り組んでいたこと。

 Maxとの最終決着。

 パチンコの話である。ギャンブル性の最も高い機種をMaxというのであるが、これが今年になって、突然規制されて、年内にすべてのホールから撤去されることになった。

 なんで?突然?というタイミングで、裏に何か国家的事情があるのは見え見えなんだが、
 ともかく、一か八かの大ばくち台が、間もなく消えていくのである。
 
 このMax、バカ当たりすると、一撃で3、40マソ になるというものなのだった。
 以前劇団に客演してくれた某無頼派俳優は、稽古帰りに『ウルトラマンMax』で25マソ かっぱいだと、ドル箱が富士山のようになった光景を撮った写メを見せびらかしてくれたものよ。
 
 いつか俺もと、心に固く誓った。


 しかしMaxは、当然のこと手強くて、恐ろしさもMaxで、勝負は大きいが、遊べない台なので
 私はたいていもう少し穏やかな敵=ミドルと戦っていたのだった。

 それが突然、Maxが消えるというので、消える前に倒さなきゃと思ったのである。
 私は、最高の勝ちでも20マソに届いたことがなかったのだ。
 で、今年は折々に思い出作りに挑戦したのだが


 しかし諸君ね、

 Max消えないうちに勝負して、三十万ぐらいの記録出しておこうか。

 そんな考えが通用するほど、世の中は甘くないよ。
 当然、Maxの力を思い知り

 覚えておけよ!

 と決まり文句で店から退散することが続いている。
 まあ、まだ今年はあるので、諦めちゃいないがな。

 さてそんな状況下で聞こえて来た、カジノ法案問題である。

 反対派は、依存症を心配している、というけれど。
 
 これほど上滑りな議論がかつてあったかね。
 まだないカジノをどうこういう前に、今あるものはどうなるんだ?
 そこは心配しないのか?


 あまりにバカバカしいから、パチンコ業界との関係も疑いたくなるよ、そりゃ。 
 

 その審議の様子が、パチンコ屋の店内のテレビで映されていたのも、あまりにシュールな光景だった。

 以前、質問で安倍総理は『パチンコはギャンブルじゃありません』と答弁したようだが。
 じゃあ、何が俺たちの諭吉を飲み込んでいってるんだーーーーー

 ちなみに六角精児は、反対派である。
 表向きは『僕のような依存症を生む危険が大きすぎる』という理屈で。
 この言葉が、なななななな何と、かの天声人語にも引用されたのである。

 しかしこのページの賢明な読者にだけは伝えておこう。
 カジノが出来たら、真っ先に行くのは六角だ。


 六角はカジノが出来たら困るパチンコ業界と、何か裏取引して、こんなことを言っているに違いないと私は見ている。
 実はその証拠もある。

 私のfacebookにその証拠写真がある。アカウント持ってない人は、お友達にでも見せて貰って。
 kensuke yokouchi で検索すると私のページが出てきて、問題の写真が少し前の投稿で載っているから。

 六角が誰もいない東北のホールで、ただ一人、台を打ってて、ドル箱を積んでいる姿。

 不気味なほど、お客のいないホールで
 そこでただひとり、打って、当たりを出しているのである。

 こんなこと、マトモじゃないでしょ。
  金持ちの旅人ですよ。
 おそらくもう二度と遊びに来ない。
 しかも、今の彼は多少スッても痛くもかゆくもないのです。
 
 不良在庫となりかかっていた、六角バンドCDまで、このツアーの物販コーナーでバカ売れしてるんだ。

 そんな人間に、わざわざ出さなくてもいいんだ。
 カモにしないで、どうすんだ、みちのくのパチンコ屋!
 台の不正操作しても、ここは手ひどくカッはいで、ボウズにすべきなんだ、パチンコ屋としては。

 なのに、ドル箱プレゼント……
 しかも六角は、この前の町でも、ひとり勝っていたという。 

 パチンコ業界との癒着を裏付ける決定的な証拠である。



 


 台本書くためパソコンに向かったけど……
 進まなくて、また逃避している私。
 がんばれ。