ナル友への伝言

 大事な話なので、聞いて欲しい。

 一昨日、手術をしたのだよ。

 それは ぢ。

 仕事をお休みしたのは、一日だけ。でも歴とした手術。お医者さんにも確かめた、コレ、手術ですか?と。
 はい、そうです。とお医者様はおっしゃった。
 
 初出血から十年以上が経つ。実はひっそりと、いぼ痔 と共生して来た。
 数年前、とりあえず病院で診察は受けていて、ときどき薬貰ったりはしてんだけど。

 二年ほど前から、大事な時にも、アナルから突然、イボが出張って来るようになって、ヤバいなあと思い続けて来た。
 これがとっても痛いのだ。
 その辛さ、アナルの友、ナル友なら、分かるはず。

 我が人生、ほぼ座して来たからね。
 書くのも、演出も椅子の上……
 尻に過度の負担をかけ続けている。尻にスマン人生だ。
 
 毎年の人間ドックで相談すると、それはもう切った方が良いですね、放置して治ることはありませんから、と言われてたし。
 とはいえ、となれば手術だろうから、それなりに時間確保が必要で、そうこうするうちに、どんどん予定が埋まってゆくし……

 結果、だましだまし、伸ばし伸ばしにしてきたのだった。

 ところが去年、私の住処の極めて近くに新しい診察所が出来て、そこに肛門科と書いてあって。これはもう運命だから、2018年のどこかで手術に踏み切ろうと決意を固め、診察を受けた。

 すると、すぐに処置しましょう!と軽やかに言われた。
 いやいや、私、その時間が取れなくて…… 
 1日で終わりますよ。

 は?

 以前は、入院しての手術しかありませんでしたが、今は、別の方法があって、切らずに治す処置法があるのです。横内さんの場合、それでイケます。きっと喜んでいただけると確信します。

 なかなか、明快にして、爽やかな先生が近所に越して来たのである。

 それは簡単に言えば、肛門を拡張をし、内視鏡的なやつを入れ、患部に直で注射し、特効薬を注入し、揉み込んで腫れを一気に消すと言う、方法らしい。

 麻酔しますし、処置自体は20分ほどで終わります。
 ただし、横内さんの場合、12時方向がターゲットとなり、そこに前立腺があるために、揉み込む処置が、そこを強く刺激することとなり、それに伴い激しい尿意を催すような不快感が生じると思います。
 苦しいと言えば、そこでしょうか……
 
 丁寧すぎると言っても過言ではない説明に、若干、心折られそうになりつつも、もはや運命と悟って、お任せします、とお願いし、処置して頂いたのだった。

 局部麻酔だから、普通に会話しつつ、アナルから処置して頂く。
 前立腺なんとかって、性的な刺激ポイントがあったはずだよねえ、
 ある意味、ハードゲイの世界だよねぇ、とか。
 事前には、いらんエロ妄想とかも膨らましていたのだが。
 実際に、そこをグリグリやられたら、そんな余裕はとてもなく、激しく襲う尿意と闘うので精いっぱいだった。

 ううっ、漏れそうなんですけど……
 
 はい、でも出ませんから。もう少し、我慢しましょう!

 激しい闘いではあったが、ホントに始まれば15分ほどのことであった。
 で、麻酔が切れるまでは、待機と言われて1時間ほど。
 それで、チェックを受けて、帰って構わない、と。
 全行程で2時間ほどで済んでしまった。

 その後、下腹部に残る、おかしな感覚はしばし残ったものの。

 夜更けからはほぼ平常の感覚に戻った。
 そして、
 
 諸君、我がアナルは、その1日にして劇的に蘇った。
 穴が、奥に引っ込んだ感覚がありませんか?
 と、お医者様のおっしゃるとおり。

 軽やかに、穏やかに、かつてそうだった静かなアナルに還った。

 こんなことなら、もっと早くにやっていれば良かった。
 経過観察を受けに行って、お医者様と握手しましたよ。

 でも、そんな方法があるなんて、この先生にお会いするまで全く知らなかったからね。当然、何日か入院を必要とする手術が必要なんだと思い込んでいたからね。
 
 私の近くにいる、密かなるナル友の皆さんに、声を大にして言いたい。
 迷うことなく、この処置に向かって、踏み切り給え。
 いろんな薬も試したけど、そんなに効くものはなかったよ。

 ほんとに、恥ずかしいのも、痛いのも、ずーっと続く苦しみに比したら、一瞬のようなものだから。

 以上、体験者は語る、でした。
 このレポートが同じような悩みを抱えた方の、少しでもお役に立てば幸いです。
 ちなみに
 ジオン注 投与 という処置です。
 
 

    
 

 
  
 

    










仕事始め

 あけましておめでとうございます。

 今日から、仕事始めです。
 まずは扉座稽古場へ。21回目のラブ×3 の稽古に。去年、江戸のマハラジャ にも出演した若者たちで。長期間一緒に過ごしたので、いつもより馴染みが早いと言うか。それぞれの個性が立っています。

 そして、今はまだ発表できない仕事の打ち合わせなどを挟んで、週明けから秋田・角館に。
 こちらは、わらび座の ジパング青春記 仙台引っ越し公演(1月20日~2月9日電力ホール)のための稽古です。
 3週間ぐらいやる大規模公演で、いよいよ政宗様の御膝元でやるのかと思うと、身が引き締まります。加えて新情報としては、仙台公演には、一部キャスト入れ替えで、扉座の岩本達郎が客演します。久々のわらび座登場。

 政宗の時代の話だけど、震災と復興、というものが、そのままテーマになっている舞台が、この場所でどのように受け止められるのか、不安と期待が半ばしつつも、4月からの公演で多くの観客の皆様が寄せて下さった声援の言葉を自信に変えて臨みます。

 その後、1月12日、13日と、岡山シンフォニーホールで、ワークショップ。
 昨年と同じく、禁酒会館の向かいの立派なホールです。
 禁酒会館 という歴史建造物があるのです。扉座の人々に見せてあげたい。大正時代に真剣に禁酒を奨めて建てられてのだとか。
 この場所で、泥酔して乱痴気騒ぎを繰り広げる愚か者の物語を、ちょっと夢想してしまいます。もちろん扉座の総出演で。

 さてさて、で。迎える15日。我らの時代では成人式だった日にちでありますが。
 私がシナリオを書いて、岡森、中原、北村、他扉座が出演する、 #声だけ天使 全10話が始まります。
 AbemaTV というネットTV です。モバイルやスマホなどで無料で!簡単に!観られるので、どうぞ宜しく。
 今まで我が国のネット配信のドラマは、製作費も低価で一段低くみられる傾向にあったようですが、時代の寵児・サイバーエージェント社長・藤田晋氏は、テレビを超えるクオリティをと宣言し、地上波通常の連ドラ製作費以上の予算を掛けて、
 しかも脚本づくりを先行させて、全キャストを脚本のイメージで、オーデションした上に決めるという、今までのテレビドラマの定石を覆すチャレンジをしています。
 なので有名な俳優タレントの出演が異様に少ない、異色のドラマです。
 でも、その挑戦が、業界でも密かに話題になり始めているようです。
 もちろん逆風も強いとは思うけど、成功してくれ、と、初詣ではお祈りしました。

 #声だけ天使 で私がもっとも大変だったのは、7月~9月辺りで、
 その後、 #ワンピ―ス歌舞伎 とか #江戸のマハラジャ などもあり、この仕事は、もうすっかり思い出になりかかっていたのですが、作家として、ここから改めて、編集された完成作と再会、対面してゆくと言う。映像作品ならではの、醍醐味とドキドキを味わうことになります。
 多くの人に届いておくれ、と祈ることしかもう出来ませんが。
 
 そんなこんなで、今日からまた、貧乏暇なしのバタバタ生活が始まりますが……

 本年も横内と扉座を、ご贔屓お引き立てのほど、隅から隅まで、ずずぅぃーと、おん願い申し上げ奉りまする。