坊ちゃん劇場に建った舞台装置

 僅かの帰宅を経て、再び、東温市・利楽村に。
 実はマリナーズ対巨人という試合を、ドームの片隅に座ってこっそり見たりして、東京生活をちょっと楽しんだりしました。
 しかし、ここからは『幕末ガール』三昧。
 
 今日は東京からスタッフが大挙して、利楽入りし、いよいよ臨戦モード全開であります。

 すでに秋田・角館で製作された大道具も運び込まれ、劇場では立て込みが始まっている。
 デザイナーは、金井大道具総裁の金井勇一郎氏、なのに、製作は角館の、わらび座スタッフ。

 そもそも距離感がおかしいでしょ、東京の方が近いでしょ。なんでわざわざ角館から。

 そもそも、製作会社の社長なのに、金井さんは。
 ま、そこらへんは、経済的な事情など、あるわけだが。一方で、芸術的としか言えぬ、舞台美術家・金井勇一郎氏の物作りへの姿勢がこの矛盾を支えている。
 そこら辺は、照明家・塚本悟さんも同じ姿勢だ。
 現地スタッフが現場をやるので、自社の仕事にはなってないからな、この仕事は。
 でも、面白そうだからやろう、とワシらチームで言い合って、やっている。

 もっとも、それでレベルが落ちたり、ショボクなったら、こりゃイカン。
 断固ワタシも闘う必要が出てくる。

 が、昨日、三分の二ほど起ち上がった装置を見て、
 わらび座・宮本棟梁はじめスタッフ一同、の頑張りに胸打たれた。
 良い仕事をしてくれている。

 建設途中の装置が、たまたま訪れる取材の人や関係者たちも、驚かせ、すっかり引きつけている。

 今回は一年ロングランに向け、劇場改造から取りかかろう、みたいな、壮大なセットプランであった。
 鉄工所を入れて、常設バトンを切り落とす工事まで入れた。
 数々の修羅場をくぐってきた金井さんは、それぐらい当然でしょと涼しい顔だったが。
 猿之助さんとか蜷川さんなんかしょっちゅう、大工事入れてるじゃん、と。
 その基準持ち込みますか、ここに……

 ワシは、最初、金井さんと打ち合わせた時、これは、きっと現場から泣きが入ってくると、覚悟した。
 予算が無理とか、人手が足らぬとか。 

 金井さんは、フツー、演舞場とか帝劇とかが主な活動フィールドなので、そもそもの構想の規模が桁外れなんだ。
 しかしここは、東温市の利楽村なんだ。

 たぶん、わらび座や、坊ちゃん劇場ではこの発想に対応しきれまい。

 極めて面白いけど、たぶんやりきれないだろうな、と無礼ながら想定し、ワタシなりに変更の用意は密かにしていたのだ。

 だが、宮本棟梁たちは、ついぞそれは出来ません、とは言わなかった。
 苦しいはずだが、ギブアップはしないと決めているかのように。あらゆるリクエストを受け止めていた。
 
 そして、こうして間に合わせて、どーんと創り上げてきた。
 劇場も、それに対応して大工事を受け入れてくれた。

 坊ちゃん劇場にそびえ立った、角館産の大道具は、少し雪の香りがする気がする。
 そして劇場の三分の一を占め、圧倒的な存在感で空間を変貌させている。

 他の劇場に持ち込みは不可能な、今、ここでしか見れない、体感できない舞台である。

 昨日、稽古終わりに、劇場に立ち寄った、坊ちゃん劇場の至宝というべきベテラン俳優・山中城治さんが、

 これは凄いよ、坊ちゃん劇場始まって以来の規模だし
 ファンクラブも驚くでしょうよ、

 と浮かれ、
 舞台で歌い始めた。

 鳥がとまり、さえずる樹のように、役者が登って歌いたくなる舞台って
 理想だよな。

 東京から飛行機に乗って、松山まできて、そこからさらにバスとか電車で小一時間。
 伊予電の見奈良という駅から歩いて十分。夜は真っ暗で、おまけに、隣は刑務所である。

 来れるもんなら来てごらん、て感じだが

 ワシらは、ここでしか見れないもんを創って、世界を驚かせてやろうと真剣に企んでいる

 
 

 
 
 

 


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

Re: 坊ちゃん劇場に建った舞台装置

私も、坊劇、わらび座ファンです。「アトム」の頃からお部屋にお邪魔させて頂いています。役者さんとはまたひと味違った作り手の気概に、胸をときめかせながら。
ああ…楽しみです。幕が開いたら、ファンもまた舞台の一員となれるよう、この年度始めを乗り切ろうと思います。

くるみ

Re: 坊ちゃん劇場に建った舞台装置

舞台を早くみたい、どんな大道具なのかなと胸をわくわくさせている現地のファンです。イネさんにはすごく思い入れがあり、どんな舞台になるのか期待しています。あと二週間、秒読みですね。

みゆき