一夜明けて

 貫通した!

 もちろん、まだトンネル完成とはいかないが、岩盤が砕かれ、我々の行く手がはっきりと見えた!

 昨夜の呟きは、正直に申せば、まあ、祈りのようなモノであった。

 そろそろ出来上がってくれなきゃ困るのよ〜

 もっと赤裸々に言うならば、上演台本が遅れていたのである。
 恩田先生、粘りに粘って、ついにここまで、引っ張ったのである。
 三分の2までは、かなり前に出来ていたのだけど、
 
 ラスト近くになって、かなりの長考に入られていた。
 
 で、わしらはやきもきしながら、ある部分を稽古しつつ、残りを待ち続けていた、というワケだ。

 しかし、待った甲斐があった。
 初戯曲にして、恩田陸の世界が鮮やかに展開され、
 そして、穏やかに、着地する。

 そんな、ホンに仕上がっている。
 
 あとはわしらがそれをきちんと立体化し、舞台に乗せるだけだ。
 
 残り時間は少ないけれど、今日、最後の15分ぶんを受け取り、読み合わせて、さっそく稽古してみて、
 確かな手応えを感じ、

 迷わず行こう、行けば分かるさ、
 と一同確信したのだった。

 ともあれ、これにて、深い霧の中を脱出。
 明日からはガシガシ稽古する。

 と言っても、大熱演をするような芝居ではなく、
 あくまでも、ナチュラルに、軽妙に。

 大袈裟なことはなく、しかし、その何気ない風景の中に、大事な時間が切なく流れている。

 そんな芝居になる予定。

 だから気持ちはガシガシ、見た目はユラユラで、焦らずに急いで進行していく。


 しかし! 

 大熱演ナシよ。
 あくまでも、チマチマと、何気なくよ。

 というのが、この企画でいかに画期的なことであるのか、演劇事情に詳しい人なら、分かるだろう。

 番外扱いとはいえ、これは
 極限のハイスピードとパワー、いつも明るく元気な、
 キャラメルボックスの 公演なのである。
 
 そこにおいて、ボソボソとか、チマチマとか。
 今時流行りといってしまえば、それまでだけど、
 この座組でそれをやろうというのは、
 これはもう、決死の覚悟のことなのである。

 何しろ、この劇団の観客の皆さんにとっても、戸惑うはずのことだから。
 セリフの後ろにも、ほとんど音楽は流れないし……
 
 ただ、今回そうなっているのは、なにもわしが彼らに押しつけたことではなく、彼ら自らが、そういうことにチャレンジしたいと発案したことなのである。

 それはとりあえず、ここで言っておこう。

 
 まずは、ご心配おかけして申し訳ございませんでした!



 あと、明日はまた『ドリル魂』イベントです!
 そんな事情で、わしは、やっぱりお休みになりますが、
 どうか、盛り上げてやって下さい。

 あと、木原先輩、バックアップありがとう!
 明日、番組に出して下さる、

 お天気予報士・木原実さんは、
 わしや岡森、六角の高校時代の先輩なのであります。

 特に、わしは、木原さんに会わなかったら、芝居なんかやってなかったかもしれぬのです。

 
 


トタン屋根の上の猫

 正確には

 焼けたトタン屋根の上の猫

 という。
 テネシー・ウィリアムズ と言う劇作家の芝居のタイトル。

 内容は……忘れた。

 真夏の稽古の

 猫と針

 進行中にこのタイトルだけ思い出した。

 
 実を申して、この作品が思いの外、難事業となっている。
 あと一週間で初日というタイミングで、
 まだ、貫通していない。

 まあ、こういうプロデュース公演で、新作が簡単にできると思う方が、間違っていて、

 難事業、上等!かかってこいやあ!
 
 という気合いでいかなきゃイカンのだろうが。

 ともあれ、そんなこんなで、ここ数日は、昼から夜更けまでビッチリと稽古場に張り付いている。

 その結果、周りはほとんど全員、キャストもスタッフも初めてお会いした人々にも関わらず、かなり前からの仲間のような感じになってきた。

 まあ、ぶ厚い岩盤に共に挑みかかり、ドーンと貫通させるようなことをすれば、どんな手続きもなく、仲間の絆は結ばれるということであろう。

 冷静に考えたら、かなり痺れる状況なんだけど、
 割と、平然としつつ、
 軽口叩き合いながら、過ごせているのは、こういう仲間達のお陰である。

 

 灼けた トタンの上で、
 ヒーヒー言いつつ、道化おどりを踊る 猫みたいな
 わしらだけど……

 
 明日こそは貫通させて、穴ッボコの、向こうの景色をしかと見定めてやると、
 誓い合う、足裏ヒリヒリの猫たちであった。

 
 

 


をどり と 猫

 昨日、名古屋に行く。
 桜山という駅で、劇座の末吉博士と待ち合わせ。久しぶりの再会を喜び合う。

 暑い夏の日……

 万博の日々も暑かった。
 末吉博士の額に浮かび出ている汗をみて、あの狂騒の日々を懐かしく思い出す。


 西川流の稽古場へ。

 そこには、同じく劇座の小川博士が、音響係として待ち構えていたのであった。

 そのままお稽古拝見。

 今回のは、擬古典というか、かなり歌舞伎っぽい線を狙っている。
 で、こないだのラジオで笑三郎さんに会ったときに、わしのインチキ時代劇セリフなどの、歌舞伎化をどうか、よろしく とお願いしたのである。

 笑三郎さん、ばっちりやってくれていた。
 特に、劇中劇としてやる部分が、すっかり、昔からあったみたいな義太夫芝居になっているので、嬉しくなった。

 右近家元とご子息の千雅さんと、笑三郎さんの三方の取り合わせも良く、芝居っぽい雰囲気が溢れている。

 まずは狙いにハマッていて、大安心。

 途中、一応、共同演出の名になっているので、気が付いた点など小返し。

 基本的に、お家元は照れ屋で、ボクは目立たなくていい。
 みたいなことをおっしゃって控えめにされるのだが、
 この企画、家元なくては始まらないもので、

 わしと笑三郎さんで、おもだか一門でいうところの、旦那ポジョションに引き戻す。
 お家元は、ここにいて下されと。
 なんにもしなくていいので、要のところでただドーンと構えていて下さい、と。

 ここら辺の演出プラン、特に打ち合わせてもないのに、笑三郎さんと以心伝心で、意見が同調し気持ちよかった。

 インチキな外様ではあるが、わしも、やっぱり、猿之助門下生の端くれなのだなあ、と痛感したのであった。
 習った師匠が同じなのだなあ……と。

 それやこれやで、ケッコウ遅くまで真面目に稽古だった。

 んで一泊して、今日は、新中野のキャラメルボックス稽古場へ。

 名古屋のお土産『おほほっ』を買って。
 これはミクシィではすでに話題にしたが、わしが今、名古屋土産と勝手に決めているモノである。
 わしのチカラで、流行らせようと思っている。

 そのお菓子屋から、キックバックがあるワケでもないんだけど。何となく、成り行きでそうなっている。
 しかし、もしも大流行した暁には、わしも手伝ったと名乗り出ようと決めている。
 名古屋駅のお土産コーナーで売られている。

 ともあれ、そうして、日舞の稽古から一変して、
 今日は現代劇のお稽古。

 このクソ暑い中、地下室に籠もって、
 喪服を着た5人の男女の、芝居を演出している。

 
 さすがに疲れ申した……

 

 今、ドリル魂 の模様をメンバー達のブログで確認中。
 やっぱりかなり暑かったみたいね……

 炎天下ご声援下さった皆様、どうもありがとうございました! 
 
 
 
 


くーミン

 稽古を終えて、帰りがけ、池袋でラーメン食べて、ちょっと 寄った。

 倖田來未との闘いである。

 んが、今日はあっさりと勝利。
 犬が何度も、フリスビーをキャッチしてくれた。

 にしても、わし 倖田君のことは、キューティハニーぐらいしか分かってなかったのに、最近、急速にお近づきになっている。

 北斗の時もそうだったけど、マシンを通じて知る世界である。
 そして、こんなことが全国の遊技場で起きている。
 倖田君なんか、顔も見たことなかったオバサンとかまで、歌を口ずさむようになったりして。

 パチンコ CRドリル魂 が出来るまで、がんばろう。
 ドリル・リーチで、貫通石ゲット、告白成功!!

 とかね。

 そて、そのドリル魂 明日は3回目の汐留ステージが、
お昼から。
 たぶん灼熱のシオサイトだろーよ。

 過酷だがねえ。

 わしも駆け付けたいところやまやまなれど、わしは明日は、以前から決まっていた名古屋出張である。
 したがって 猫と針 現場もお休み〜
 
 名古屋をどり(9月から中日劇場にて)
 の稽古に立ち会うのである。

 拙作『宗春 ゆめのあと』
 
 ていうやつね。
 
 
 笑三郎さんはすでに名古屋に行って稽古している。

 ところで、明日、わしをお稽古場の最寄り駅まで迎えに来てくれることになったのが、名古屋の劇団・劇座の末吉さんである。

 愛・地球博、愛知県館の『地球タイヘン大講演会』で、博士の一人をやり、千回講演を達成した人である。


 お家元の西川右近さんから、俳優を紹介して欲しいと言われて、真っ先に思い浮かんだのが、末吉さんであった。
 何しろ、声がデカク、押し出しが強い。
 すっごい汗もかくけど。
 
 んで、わしが書いた『宗春 ゆめのあと』に出てくれることになったのである。

 万博もすでに、昔のことになっちゃったけど、
 久しぶりに、仲間に会える。

 にしても、
 暑いね。

 今日も駅まで歩いてく途中で、稽古場行くのやめて、そのまま路上で溶けてしまおうかと思いました。

 シオサイトに、応援に来て下さる皆様、どうぞ、お身体に気をつけて。
 9月本番までの体力温存、よろしくお願いします!



 
 


犬の日

 猫と針

 のために

 新中野というとこまで、毎日通っている。
 私の最寄り駅と、地下鉄で繋がっている場所だ。

 ただし、地図で見ると、東京の中心部をぐるりと包み込むような経路になる。

 距離的には、最短コース と比べたら、明らかに倍ぐらい遠回りである。
 ただし、その最短コースは、二度乗り換えが必要で、先日計測してみたら、十分ほどの短縮になるかならぬか、という感じだった。

 で、最近は、急ぐときは別にして、基本的に、椅子に座って、本読んだりしつつ東京ぐるりの、一本道コースを使用している。

 今日は、iPod を聴きつつ行った。
 わしが持っているのは、基本的にシャッフル形のヤツで、何が出るかは、機械任せになっている。
 

 んで、
 電車に乗って、スイッチ入れて、

 今日の一曲目……

 ジャじゃジャーン

 にいわあかあー 雨の〜



 といきなり犬飼が歌い出したのだった。

 ウォっ……と ちょっとのけぞりつつ、しかし、飛ばさす受け入れた わし だった。

 ドリル魂 は今や、シャッフルの中に参加しているのである。
 他のアーティスト達と対等に!


 だからいつかはドリルも出現するとは思っていたけど……


 占いなど、信じない男である。
 でも、このシャッフルは、ちょっとしたおみくじ気分があって、
 
 オオ、今日は ストーズから来たか……
 オオ、D51か……(美浜以来、数曲入っている)
 
 みたいな感じで、1日がスタートするのである。
 ストーンズの日は、ロックな俺が目覚めたりして。
 

 
 で、今日はついに、

 犬飼が来たのであった。


 それで犬なオレが、目覚めた かどうかは分からぬが……


 そして結果的には、良くも悪くもない、まあ普通の1日だったけど。

 それにしても、シャッフルのやつ、ウケを狙ってやったとしか思えない。


 
 追伸

 さっそくのコメントありがとうございます。
 細かいお返事までは、なかなか行き届きませんが、
 必ず読んでますので、今後とも よろしくお願いします!