扉座とは……

横内謙介、岡森諦、六角精児、杉山良一を中心に、善人会議という名称で旗揚げ。'93年扉座に改名。演劇公演、新人育成等を行っています。また、厚木にて市民(応援団)・厚木市文化会館と3者で「厚木シアタープロジェクト」を結成。地域からの創造発信、地域の人材育成、出前の演劇体験教室など様々な活動を展開しています。

扉座モバイル

ケータイで下のバーコードを読みとってアクセスしてください。

メールマガジン登録:扉座の質問

扉座の今をリアルタイムに伝えるメルマガです。
メールアドレスを入力の上、購読ボタンをクリックください!
※メールアドレスは配信の関係上、PCのアドレスをご記入ください。

■e-mail

>>解除はこちらから

↓↓過去の公演情報バックナンバーです。(2017年11・12月公演)

『江戸のマハラジャ』

厚木シアタープロジェクト ネクストステップ第7回公演 
劇団扉座第61回公演
『江戸のマハラジャ』

厚木シアタープロジェクト ネクストステップ第7回公演 劇団扉座第61回公演
『江戸のマハラジャ』
作・演出:横内謙介
振付:ラッキィ池田・彩木エリ

2017年11月25日(土)・26日(日)
厚木市文化会館 小ホール

2017年11月29日(水)~12月10日(日)
座・高円寺1

天才振付家ラッキィ池田と扉座が、四半世紀のお付き合いを経て、ガチで挑む渾身のダンス&プレイ作品。
天下泰平を謳歌する江戸の町に現れる謎のインド人たち。その正体は……

あいさつ文

昨年の夏頃、内外の舞台の振付でずっとお世話になっているラッキィ池田氏がこう言っていた。
「インド人の若い女の子で、ボリウッドダンスが上手で、日本語が達者で面白くて、インド版の渡辺直美さんみたいな子がいるんだけど、この子で何か出来そうな予感がしてならないのですよ。」
常々、ラッキィさんの発想は大秘宝の発見に等しいと思っているので、その後の展開に大注目していた。次に会った時は、こうなっていた。
「その女の子、実はインド人じゃなくアメリカ人らしいことが分かったんです。まあ国籍なんかどうでもいいんですけど。」
その間、私は、ところでボリウッドダンスって何だ?と気になり始め、かつて映画「踊るマハラジャ」のヒットで流行った、インド的ダンスのことだと知って懐かしくなった。扉座では怪人二十面相の芝居で、二十面相の手下たちが謎のインド人に化けて踊る30人のマハラジャ的大群舞シーンを、ラッキィさんに作って頂いたこともある。
もっともボリウッドダンスは決してレトロなものではなく、今も進化しつつ、全世界で愛され続けているということも学んだ。
その次に会った時、ラッキィさんは嘆いていた。
「実はその子、家庭の事情で帰国しちゃったんですよぉ。」
案の定謎のインド人であった。しかしその時、私は口走っていた。
「わかりました。その企画は扉座でやりましょう。ラッキィさんと知り合ってはや四半世紀、一回ガチでダンスな舞台やりましょう。ついでに扉座生活四半世紀、主演作を持たずに来た、犬飼淳治を主役にしましょう。特に踊れるワケでもないですが……」
最後の部分は、なぜそう思ったのか自分でもさっぱり不明であるが
「おお、いいすねぇ!」
とラッキィさんが即答だったから、たぶんそれなりの宝の発見になると思う。

横内謙介

キャスト写真

公演チラシ(『江戸のマハラジャ』)

『江戸のマハラジャ』
『江戸のマハラジャ』

↑↑画像をクリックすると拡大表示します。

チケット発売

前売開始日 10月8日(日)
ドアクラブ優先予約(扉座へ電話予約のみ)10月7日(土)12:00~18:00

劇団扉座での購入方法

予約電話番号 03-3221-0530
受付時間  平日12:00~18:00(平日12:00~18:00/前売開始日以外の土・日・祝休/公演中12:00~16:00 12月7日休)

(1)お名前・電話番号・希望日時・枚数をお知らせください。
ドアクラブ会員の方は会員である旨と会員番号をお知らせください。

(2)ご予約番号をお伝えします。
→メモで公演終了時までお持ちください。

(3)ご予約後1週間以内に、お近くの郵便局からご送金ください。
ご送金額は、チケット代+郵送手数料100円 になります。
※ドアクラブ会員の方は郵送手数料がかかりません。

(4)ご入金確認後、チケット発送いたします。チケットがお手元に届くのは、ご入金後約2週間後となります。

口座番号 00100-8-670779
加入者名 劇団扉座 通信欄に予約番号・ご来場日時・枚数をご記入ください。

※ご予約後は、トラブル防止のため、いかなる場合も変更・キャンセルはお断りさせていただきます。

日時・公演場所

◆【厚木公演】

2017年11月25日(土)・26日(日) TEL046-225-2588   >>地図
厚木市文化会館 小ホール

主催 (公財)厚木市文化振興財団 扉座
応援 厚木シアタープロジェクト市民応援団

11/25 26
(土) (日)
  14:00 開演
18:00 開演  

※開場は開演の30分前です。


◆【東京公演】

座・高円寺 冬の劇場22 日本劇作家協会プログラム

2017年11月29日(水)~12月10日(日)
座・高円寺1 TEL03-3223-7500 >>地図
提携:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
後援:杉並区

11/29 30 12/1 2 3 4 5
(水) (木) (金) (土) (日) (月) (火)
      13:00
開演□
14:00
開演
休演日  
19:00
開演★
19:00
開演
19:00
開演
18:00
開演
    19:00
開演

6 7 8 9 10
(水) (木) (金) (土) (日)
  14:00
開演□
  13:00
開演□
14:00
開演
19:00
開演
  19:00
開演
18:00
開演◆
 

※開場は開演の30分前です。

★ミナクルステージ……11月29日(水)19:00の回 全席指定3000円<前売・当日共>
◆ラクイブナイト……12月9日(土)18:00の回 終演後にスペシャルイベント有り。詳細は扉座ホームページ等で発表いたします。
□託児サービス(有料・要予約)あり……12月2日(土)13:00の回、12月7日(木)14:00の回、12月9日(土)13:00の回


◆料金
〈全席指定・税込〉

【厚木公演】
前売券4200円/当日券4500円
学生券1500円(扉座・厚木市文化会館でのみ取り扱い。当日学生証持参)
〔少しでも多くの若者に演劇に触れてもらいたいという願いを込め、生の舞台を観たことのない多くの若者のために、特別割引の学生券を用意しました〕

【東京公演】
前売・当日共4500円
学生券3000円(扉座でのみ取り扱い。当日学生証持参)

※未就学のお子様はご入場いただけません。
※車椅子スペースのご利用は各劇場でのみ取り扱います。


チケット取扱

◆チケット取扱

【厚木公演・東京公演共】
劇団扉座 03-3221-0530(平日12:00~18:00/前売開始日以外の土・日・祝休/公演中12:00~16:00 12月7日休)
扉座オンラインチケット http://www.tobiraza.co.jp(10月8日(日)12:00より受付)
ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:(厚木)33867(東京)32957

【厚木公演】
厚市文化会館チケット予約センター 046-224-9999
本厚木ミロードプレイガイド 046-230-3291(窓口のみ)

【東京公演】
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:481-583
e+ イープラス [PC/携帯] http://eplus.jp [直接購入] ファミリーマート
座・高円寺チケットボックス<月曜定休>
03-3223-7300(10:00~18:00)窓口(10:00~19:00)http://za-koenji.jp/  
※座・高円寺の劇場回数券「なみちけ」もご利用いただけます。

◎以下のサービスは劇場で承ります。お申込み・お問合せは、座・高円寺チケットボックス(TEL03-3223-7300)まで。
・車椅子スペースのご利用(定員あり。前日までにお申込みください)
・障がい者手帳をお持ちの方の割引き(座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り1割引き)
・託児サービス(1歳~未就学児対象。定員あり。1週間前までに要予約)料金1,000円
実施日時はタイムテーブルをご覧ください。

スタッフ

作・演出:横内謙介
振付:ラッキィ池田・彩木エリ(イカキック)

美術:金井勇一郎(金井大道具)
舞台監督:大山慎一(大山組)
照明:塚本悟(塚本ライティングデザイン)
音響:青木タクヘイ(ステージオフィス)
衣裳:木鋪ミヤコ・大屋博美(ドルドルドラニ)
メイクアドバイザー:比嘉奈津子

協力:
スペースクラフト 笑の会 スパイス侍 krei inc. 大沢事務所 すみだパークスタジオ SIMスタジオ 明和運輸 厚木扉座サポーターズクラブ<厚木公演>

託児協力:子育て仲間ほっぺ<東京公演>

宣伝美術:吉野修平(ヨシノデザインオフィス)
宣伝イラスト:溝口イタル
題字:小林三左衛門覚

票券:竹内亜希子(扉座)
制作:公益財団法人厚木市文化振興財団<厚木公演>/赤星明光・田中信也(扉座)
製作:扉座

お問い合わせ

<厚木公演>公益財団法人厚木市文化振興財団
〒243-0032 神奈川県厚木市恩名1-9-20 
TEL 046-225-2588 / FAX 046-223-1439
ホームページ http://atsugi-bunka.jp

劇団扉座 
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-9-4-703 
TEL 03-3221-0530 / FAX 03-3221-0532
ホームページ http://www.tobiraza.co.jp
スマートフォン用HP http://www.tobiraza.co.jp/sp/
facebook http://www.facebook.com/tobiraza