扉座

つかこうへいよ、再び!

幻冬舎Presents劇団扉座5回目の公演である。
40年前のつかこうへいの舞台は、涙と笑いで紀伊國屋ホールが揺れていた。その感動の舞台を再現する無謀な試みは、5回目にしてついに横内謙介の完全オリジナル作品となる。
前4回も、つかこうへいの作品にタイトルを借りた、横内謙介のほぼオリジナルだったのだが、今回はタイトルからして極端に振り切った。「無謀漫遊記−助さん格さんの俺たちに明日はない−」は、果たして、いかなるストーリーなのか。このパンフレットを書いている8月20日の時点で、僕は何ひとつ知る由もない。
厚木高校時代から、新宿紀伊國屋ホールのつかこうへいの舞台に放課後通い詰めていた横内謙介は、つかこうへいの芝居の影響をもろに受けながら、だからこそ自分を律し、独自の舞台世界を構築し完成させていった。しかし、つかこうへいよりつかこうへいらしい舞台を作れる、唯一の存在は横内謙介だと僕は確信している。
すみだパークスタジオの「つか版 忠臣蔵」の初演を観たときは、40年近くの時を経てつかこうへいの全盛期の舞台が蘇ったと胸を掻き毟って狂喜乱舞した。その舞台を観て、つかこうへいへのオマージュ舞台に限って、僕がスポンサードすることに決めるのだが、前4回の幻冬舎Presentsの公演は、僕の期待を裏切らないものだった。僕に言わせれば、つかこうへいの全盛期は1975年から1980年までである。その興奮と熱狂を、40年後の若者たちにどうしても伝えたい。その一点で横内謙介と僕は無言の信頼で結ばれて来た。毎回、横内謙介はつかこうへいに捧げる物凄い舞台を作ってくれる。今回はタイトルが決まった時、「ん?」と思ったが、横内謙介は、困惑する僕をまっすぐに見つめたまま、身じろぎもしなかった。毎回そうだが、全ては横内謙介に任せるしかない。助さん格さんを、六角精児と犬飼淳治、水戸黄門を岡森諦がやるらしい。舞台に命を懸けている扉座の役者達が、一体どんな水戸黄門漫遊記を新宿紀伊國屋ホールに出現させるのか。僕の細胞には、つかこうへい全盛期の圧倒的な時間が未だに深く刻まれて染み渡っている。時間よ戻れ。40年前のつかこうへい全盛期の熱狂と興奮。舞台と客席が一体となって揺れていたあの奇跡の空間。
つかこうへいよ、新宿紀伊國屋ホールに再び降臨せよ!

幻冬舎 代表取締役社長 見城 徹