『ドラキュラ白書』 1997年初演
もはや血を吸う慣習も捨て、善良な一市民として、愛と平和をモットーに人間たちと下北沢辺りでファンキーに暮らしているドラキュラのラップ青年カズキは、ある日突然、不思議な施設に連行される。そこは現代の都市生活に飼い慣らされてしまった魔物たちを集め、魔物本来の姿と生活を取り戻すべく再教育をするという研究施設だった。 静かな演劇に対して賑やかな演劇の復権を期して書き下ろされた、フランケンシュタイン、魔女、カッパなど、有名魔物キャラクター総登場のコスプレ演劇。  
*登場人物 20名
*せりふの時代掲載  '97年  夏号
*公演用コピー台本有り
[home]