『いちご畑よ永遠に』 2002年初演
 1950年代、イギリスのリバプール・カレッジ・オブ・アートに在学していた不良少年・ジョン・レノンに、同じ学校に通っていたシンシア・パウエルは恋をする。シンシアの恋を成就させるために落ちこぼれの天使チンクが派遣されてくるが、シンシアは結局自力でその恋を勝ち取る。一方、メンバーや敏腕マネージャーとの出会いによって、一時期崩壊の危機にあったジョンのバンドは、プロのバンドとして第一歩を踏みだそうとしていた。その矢先にシンシアは妊娠。プロ契約の条件に難色を示していたジョンは、条件を受け入れることを決断、シンシアとの結婚を決意する。天使としては何もできないが二人を応援することに喜びを見いだしたチンク、プロデビューまもなく熱狂的な人気を誇ったジョンのバンド「ビートルズ」、順風満帆に見えた3人だったが…  
  音楽を通して愛の歓びを伝え、今なお愛され続ける、世界一有名なバンド。世界中を熱狂させた栄光の裏側には、メンバー、恋人、友人……偽りのない出会いがそこにあった。
  リバプールから繰り広げられた不良少年の音楽への愛情と青春物語。
*登場人物29名
*上演用台本有り
[home]