『カルメンと呼ばれた女』 1997年初演
 メリメの小説とビゼーのオペラより。舞台を大正期の浅草に置き換えて潤色脚本化。  河原の見せ物小屋のヒロイン、ミカゲは実は自由奔放なカルメンのような女だが、高いギャラでスカウトされ、今は浅草オペラで薄幸の椿姫・ヴィオレッタを当たり役とする清純派歌姫になり済ましている。だが浅草オペラのスターテナー、龍也と電撃的に恋に落ちると、たちまち本性を現してカルメンのごとく燃え上がり、混乱する龍也を強引に見せ物一座の旅に引き入れて、浅草から逃げ出してしまう。しかしそれは音大出の優等生、龍也にとっては苦悩と破滅への道だった…… 上演は帝国劇場にて。浅丘ルリ子主演。
 
[home]