『SWEEP SWEEP』
作・堀美千子とPGQ 
1995年初演
 三木さつき(退団)をリーダーとする女4人のミュージカルユニットPGQが上演した作品。 掃除のプロの女たちが、巨大な体育館を頼りない男たちを蹴散らしつつ、倍額のギャラ獲得のために泥だらけになって磨き上げる物語。「カラダを売るな!カラダを使え!」を合い言葉に、汗を流し、カラダを張って生きて行く、新しい鉄の女たちの姿を描く。オリジナルソング多数。 1996年上演の改訂版『SWEEP SWEEP2』もある。  
*公演用コピー台本有り
[home]