『雪之丞変化2001年』 1990年初演
 パルコ劇場・二十一世紀歌舞伎組公演の為に書き下ろし。三上オト吉・原作の小説を演出家・市川猿之助の意向に添って大胆に脚色、脚本化。  宇宙飛行士の卵ユキヒコは夢破れ、自殺を企てる。しかし、その手術の最中、奇妙な呼び声を聞く。声の主は宇宙人で、彼に恩があるというのだ。ただしそれはユキヒコの前世での話であり、その時、ユキヒコは江戸の芝居一座の人気女形、中村雪之丞だったのだという。  歌舞伎と時代劇を融合させた、SF超時代活劇。  
*モーニングデスク刊
[home]