扉座sp

Cast

  もう一度、青春ドラマを!

 高校2年生の夏休み、16歳で処女作を書いて以来40年間、ずーっと芝居を書いて生きてきました。記念と言えるかどうか分からない半端な区切りです。しかし、まさかこんなに長く続くとは思わなかったし、ぶっちゃけ、この先どうなるかも分からないから、やれるうちに記念の年にしてしまおうということになりました。この第1弾と、秋に控える第2弾の新作公演でセットです。
 この作品は20年前、処女作を書いた頃の私の実体験を下にして、大きな劇場の公演の為に書き下ろしたものです。手塚治虫さんの『リボンの騎士』を劇中劇として扱い、それを上演しようと頑張るヘナチョコ高校演劇部の涙と笑いの青春グラフィティです。当時の人気アイドルたちの出演で話題になりました(V6 井ノ原さん等)。私自身とても気に入っている作品で、いつか劇団公演として上演しようと決めていました。しかし、そのタイミングを逃し続け、やがて中心メンバーも歳をとり、ついには高校の制服姿があまりに危険に思えはじめ……
 それを今回、40年の節目として、制服姿でリアルにイケる若い俳優たちとガチで組み合い、念願成就させることに致しました。(一部ベテランキャストも含みますが、そこは逆チャレンジということで、乞うご期待)皆、歳は若いけれどアマチュアではなく歴としたプロとその予備軍たちで、ポスト平成の演劇界を必ず担ってゆく人たちです。
 もう一度、あの頃の気持ちを取り戻し、この俊英らと青春テーマで格闘しようと思います。まずは、毎日の稽古に詰襟姿で臨む所存です。

高校40年生 横内謙介