模倣と盗作

 HKT48公演 を 54歳に間もなくなるこのオッサンがやっていることで、すでに正気は逸していると我ながら思うのだが、
 今年は更に、この上に

 世界的人気漫画・ワンピース、を歌舞伎でやるという、狂気の沙汰の公演がある。
 そして昨日、ついに稽古突入。

 もはや船は港を離れ、後戻りできぬ航海へ。 
 この旅の果てに命があるのか、考えることもゾッとする。
 しかし、もう、やるしかないので、生贄となる覚悟でやる。
 何の生贄か、分からんが。

 ところで昨夜、その美術打合せがあったのだが、舞台美術家の堀尾さんと、変なところで深く意気投合した。
 
 佐野さんは気の毒だ、そら似るよ、デザインなんて。

 と。
 ちょうど私も、この一連の騒動の中で、
 佐野氏の発言の中の、

 私は過去に、模倣も盗作もしたことはないです! 
 
 という釈明の言葉に引っかかっていたのである。

 どんな風にかというと

 私は過去に、模倣と盗作だらけだったなあ、と思わずにいられなかったのだ。
 ついでに言えば、過去に留まらず、今この時も

 模倣と盗作塗れである。

 パクリなくして、我が創作はあり得ず!

 誰かに細かく調査され、指摘されたら、たぶん作家生命は終わる。
 だから、調べないで。

 ま、芝居のホンは、尺が長いので、よっぽど、全編とか、シーンを丸丸、コピペしない限り、盗作とは気付かれなし、法律的にも許されてしまうんだけど、

 セリフなんてのは、ほぼ、どこかで聞いたことのある言葉だらけだし、ストーリー展開に至っては、
 9割9分、どこかで使われているものだ。

 どこかの国の神々の話を、タヌキの一家の話にすり替えていたりするだけのことでな。

 たまーに、これは完璧なオリジナルだぜ、なんて思うようなことをやっても、知らぬところで、すでにやられていたと分かることも、多いし。

 んでついでに言えば、まったく誰もやったことのないことを頑張ってやってみても、たいていの場合、意味不明で、つまならなくなる。
 セリフも、人に届かぬし、伝わらない。

 つまるところ、模倣と盗作頼みである。

 とまあ、どうしたって
 似るよ、被るよ、と分かってるのが常識なのが、クリエイトの世界だということだ。

 だから、その中でも、世界中のどんなものにも似てないものを作るのには、それなりの適正みたいなのがあって、
 これはもう、ピカソだったり、ゴッホだったり、岡本太郎だったりの世界なんだと思うけど、

 狂人に近い天才たちの、命を削ったギリギリの仕事の中にしか、オリジナルは生まれないと我々は肝に銘じるべきではないか。

 そういう意味で、佐野氏は、フツーのというか、優れた職業的デザイナーだったというだけのことで、選んだ方が甘い、というか。プロたちがそれを知ってて、ある覚悟で選んだと思うしかない。

 逆に言えば、横尾忠則とか、草間彌生とかの、狂気と隣り合わせた、振り切った表現に託すガッツが、今の日本には欠けているということだ。
 横尾さんなんて、それこそ切り貼り、コピペの世界だったりするんだけど
 そこを極めて、途方もない独創を生むという、変態系で。

 今、私の仕事部屋には、かつてのスーパー歌舞伎『新三国志Ⅲ』の横尾氏デザインの大ポスターが思い出に、飾ってあって、
 毎日、それを眺めつつ、この三国志を超えたいと、せっせと模倣と盗作に励んでいるのであるが

 毎日見ても、飽きない、迫力があって
 やっぱ、横尾はすげーなと思うのである。

 今度の、マークは、俺は画家に頼むべきだと思う。
 いるよ、草間や横尾に続く、若い狂人は、きっと。

 

 
 

 
 

 

 

 


 
 
 
 
 





















コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

Re:模倣と盗作

私はあなただけで私達とこの便利な情報を共有することを満足しています。このような日に私たちをまで滞在してください。共有していただきありがとうございます。Homecoming Dresses

sinoant WEB