春の足音

 夜道が楽になってきました。
 季節が変わるほど、更新も滞りました。
 でも活動はしてて……

 今、明治座で4月にやる公演の稽古に通っています。
 HKT48 というアイドルグループを中心にした、指原莉乃さんの初座長公演です。
 
 こういう演し物の性質上、うかつに内容などは漏らせないので、ごくごく簡単なご報告だけ。

 昨春の『幻冬舎プレゼンツ・つか版忠臣蔵』を、見城さんのご紹介で観に来て下さった秋元康さんが、とても面白がって下さり、
 今回のお仕事を頂きました。

 秋元さんとちゃんとお話しするのは、はじめてでしたが、若い頃、小劇場をたくさん観てらして、出来れば自分でもやってみたかった、ということを伺いました。
 実際に、青春時代、観ていた舞台がほとんど重なり合っていて
 私としては、思わぬ所に、演劇の味方をみつけて、大変嬉しくなりました。

 もっとも、ほぼ初舞台というHKT48メンバーを中心に、明治座という小屋に乗り込む公演なので、小劇場スタイルや、つかスタイルは、将来の楽しみにとっておくとして、今回は

 第一部、時代劇的なお芝居
 第二部、歌謡ショウ

 という、いかにも明治座らしい、フォーマットで行くことになりました。
 ただし
 ありきたりなことをするつもりはなく、というか、現実的に私、そういう商業演劇を作った経験もないので、
 秋元さんと同じ時代を、小劇場の演劇人として生きてきた者として、少しでも斬新に、面白いことを追求して、置きに行かずに、振り切って。

 昭和的な明治座スタイルのカタチを借りつつ、その実は思いっきり傾いた、新時代のエンターテイメントを創り上げるつもりです。第二部も、HKT48スタッフの大きな協力の下、全体の演出は私がやって、明治座の大舞台でしか見られないモノにします。

 扉座にも出てくれた酒井敏也さん、今や私の外部作品でレギュラーとなった、高木稟さん、そして岡森諦、犬飼淳治、岩本達郎、藤田直美が扉座から参加します。

 打ち合わせ段階で、この場合、イケメンとかはいらないね、という関係者各方面合意の元、厳選して選抜された実力派の出演者たちであります。

 HKT48の参加メンバーたち、想像を絶する超多忙なスケジュールを縫っての稽古ですが、
 さすがに時代の先頭を疾走するスターたちのポテンシャルは、素晴らしく、ここまでの稽古の手応えは充分で、
 約束通り、世間をアッと言わせることが出来そうです。

 今そんなことをやってます。

   
 そしてそして扉座研究所第19期生。
 まだ少し定員に空きがあり、募集を続けています。
 新稽古場も完成し、新たなスタートを切る扉座です。

 迷っている人は、事務所まで急ぎ連絡を!
 まだ間に合うぜ!


 
  
 
 
  
  


















コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

Re:春の足音

昨晩、初日拝見致しました。
お約束に違わず、アッと言わされました。
面白かった、楽しかったを通り越し、ありがとうと言いたいです。
このオファー受けてくれて誠にありがとうございます。
現在のホールとは違う「芝居小屋」と呼ぶのが似つかわしい会場で、奇を衒わずに実に本寸法の“明治座らしい座長公演”をアイドル達が行うという事自体が、実は一番ラディカルという痛快さに痺れております。
この公演は日本の女性アイドル史でエポックメーキングとなる1つの事件だと思います。
1部は和製オペレッタの代名詞というべき狸御殿というジャンルに「被差別民と芸能」「戦争」「権力」というスパイスを効かせて、メタ構造で“少女歌舞伎”という、芝居は大衆演劇テイスト、踊りは浅草はSKDのレヴュウを混ぜ込み、大向こうのガイダンスつきで、劇中ちゃんと「待っていたとはありがてえ」というお約束の台詞をはるっぴに言わせる大サービスぶり。楽日に向けて彼女達はきっと成長するでしょうが、それだけでなく何回も通う観客にも「見巧者修行をさせていただけるとはありがてえ」という心境です。
残り5回観劇させていただきます。楽日までには天井桟敷から「待ってました!」とキメられるよう精進させていただきます。
HKT48のファンとして共演いただいた俳優の皆様に感謝する事しきりです。なかでも高木稟、岡森諦御両名の獅子奮迅ぶりには頭が下がる思いです。2部も冒頭で酒井敏也さんに昭和の歌謡ショウにつきものの司会者をさせる所がツボにはまりました。気の早い話ですが、HKT48グループで第二弾が観たいです。阿波の出入り篇でもう一本作っていただけませんでしょうか。

tash

Re:春の足音

横内さん、明日初日、がんばってください。きっくは1推しが在籍してたころよりも、かなり、いや、ずっといい加減に、AKBGを見てるので

結果として初日を見ることはできませんが

舞台として渡り廊下が参加した横浜現場編以上に成功すること応援してます。

そのうち見に行きますので。

きっく

Re:春の足音

HKTの初舞台楽しみにしています!
アイドル集団を横内さんが演出するとどうなるのか?渡り廊下の時もある意味驚きと面白さがありましたが今回は明治座ですもんね(^^;;
ちなみに今回はHKTですが、いつかAKBの岩田華怜ちゃんが横内さんの舞台に立つ日も楽しみにしています(^-^)/彼女なんか、つかさんの飛龍伝とかピッタリですよね!まずは明治座での成功をお祈りしています。

勇気

Re:春の足音

稽古お疲れ様です。HKTのファンです。
今回携わっていただいてありがとうございます。尽力していただいて本当に頭が下がりますし、明治座行けませんがHKTのメンバーであれば楽しい物を提示してくれるだろうと確信しております。
ただ一つ残念なのは、以下のミュージカルに出演していた実力のあるメンバーがオーディションで落選して出演できない事です。彼女であれば舞台で輝くことができたと思うので・・
https://www.youtube.com/watch?v=txDiZCTVhHQ

有難うございます。

Re:春の足音

明治座ですが、扉座のファンから渡り廊下に流出した者として笑
ドリル魂横浜現場編以来、まる6年ぶりに横内さんの芝居に戻ってきた
らぶたんこと多田愛佳さまが楽しみです。あのとき、4人は犬さんと絡むシーンも多かったから仲良くなってましたっけ。

4人とも初めての演劇でしたが、それなりに動いてましたし、鏡の中のジャンヌダルクが始まるや否や、魚が水を得たるが如く火の出るようなダンスパフォーマンスにぶちのめされました。


らぶたん個人もその後いくつかの映画に出て経験値を上げてますし、HKTは時代に乗ってるグループですし、咲良たんは加入前から子役の経験値があること…などなどたくさんたくさん楽しみがあります。

きっくは渡り廊下が解散してからほとんどAKBGの方には行ってません。今回が解散以来かな。


LOVELOVELOVE18は7ステージ行きました。
毎年これも火の出るようなオムニバス作品、堪能しました。席決めの作品がツボでした。

千葉魂も1回目からずっと皆勤を続けてます。これは平嶋さんが出る以上は義務ですし笑。

常連の市民参加者のおばちゃんたち(1回目で豆売りをやった方)や2回目で伊能忠敬を演じられたおじちゃん、子供たちも元気で暖かい作品を作ってらっしゃいました。楽しめました。

横内さーん、いつか本公演で平嶋さんを使ってくださいよ。これまでは等身大のキャラを演じることが多く、一番実年齢と一番離れた役が就職して5年目のデパガの秋野美雪ちゃん(高2の時の乱童)ですし

本人も7人で歌ってた頃から悪女をやりたい、童顔だけど悪女〜って言ってました。今なら等身大からかけ離れた役でもこなせるでしょう。

でもやっぱしっかりした台本と演出があってこそ役者は生きます。

20世紀からちょろちょろ扉座の客席にいましたが(そして渡り廊下にウワキもして、今も平嶋さんの守護神が本職ですが)横内さんの作品が一番納得できます。

HKTの演者さんたちもきっと素晴らしい作品を作り上げてくれると期待しております。


○4月1日の追加○
横内さんへ

平嶋さん、年度末で尾木を辞められたみたいです。活動は続けると言ってます。


きっくさん、またの名を水晶

« 前のコメント