無謀ナイト と 芸術監督シートat厚木市文化会館

 扉座公演が近づいてきた。幻冬舎プレゼンツ『郵便屋さんちょっと』再演。

 この公演で、新宿は紀伊國屋ホール公演の22日の夜 学生無料招待 ☆無謀ナイト
 厚木市文化会館公演 7月2日 25歳以下無料招待 ☆芸術監督シート

 の企画があることをFacebookで紹介し、その記事の拡散を皆さんにお願いしたところ、350近くの方が、情報の拡散に協力して下さった。
 賛同してくれて、ありがとうございます!

 この企画は、幻冬舎様、厚木市文化財団の、若い人をもっと劇場に呼ぼう!という情熱的なサポートによって成立しています。
 
 そもそもは私が、厚木高校に入学した時、潰れかけていた演劇部に、たまたま名前を貸すだけの約束で入部したんだけど、その演劇部の先輩たちに誘われて、桜木町・青少年センターでの、つかこうへい事務所『熱海殺人事件』を見たことで、すっかり演劇のとりこになり、
 たまたまが、運命へと変わり、劇作家への道を歩むことになった。
 ということがあって。
 その時は、つかこうへいの名も知らないし、それほど見たいとも思わなかったんだけど、先輩がチケットをくれるというので、タダならばと思ってワケもわからぬまま、ついていった、という事情でした。

 当時、青少年センターは、話題の舞台を次々に招聘しては、県下の演劇部員に格安で見せるという、すごいことをやっていたのです。
 この時もチケット代金は500円。だから先輩にも奢れた。(それでも立派な先輩たちよね、お小遣いから出したんだろうから。素晴らしい人たちです!)
 つかこうへいが、そろそろ演劇界の寵児になるころとは言え、古い演劇人たちからは邪道だと激しく批判もされていたころで、公共ホールが招聘するなんて、きわめて画期的なことであったようです。

 しかし、古臭い新劇とかをお勉強的に見るんじゃなかったからこそ、若い私たちには、余計にぐっと来る舞台だった!

 そんな縁もあり、神奈川県知事・黒岩さんが懸命に推進するミュージカルを柱とした文化事業マグカルにおいて、かつての隆盛が嘘のように消え、すっかり廃れて取り壊し寸前にまでいっていた青少年センターの復活活動に、使命と思って私は取り組んでいるワケであります。
 個人的には、聖地を守る聖戦と思って!(ちと大袈裟ですが)
 それはともかく。

 よっぽど程度の高いおうちに生まれでもしない限り、普通の子は、劇場なんかとは無縁に育つのが、今も昔もたいして変わらない状況と思われます。格差が広がる今の方が、深刻かもしれない。
 青少年センターも今はそれほどの予算はなくて、とてもそこまでのことはできませんから。
 せめて学校が、予算作って、劇場に連れてきてくれればよいんだけど、そういう活動も全国に広く行き渡っているとは言えませんしね。

 今の日本では、近くの誰かが、たまたま強く奨めて、或いは誘って連れて来てくれないと、芝居を知らぬままに人生を送ることは、むしろ一般的なのです。
 私は、ついに今年、16歳で描いた処女作から数えて、劇作人生40年を迎える、正真正銘演劇一筋の男であるわけですが
 その私が、あの日、先輩のチケットをたまたま手に入れなかったら、たぶん演劇なんかやっちゃいなかったろうという話なわけです。
 ホント見なきゃ、知らないままだから。演劇がとんなに面白いモノか、なんて。

 そんな状況をわずかでも動かせれば、大勢の方のお力添えを得て、無料公演を実現させた甲斐もあるというものです。
 昨年やって、好評だったものに、また手を加えて、さらに練り上げて、まずは劇団にとっての聖地・紀伊國屋ホールに乗り込みます。
 若い人たちにも、必ず喜んでもらえるものだと自信をもってお届けします。

 こういうことをいつも出来たらいいんだけど、そうはいかぬのです。
 いろんな幸運と思いが重なって、実現したことです。
 ぜひ、若者たちにお声がけを!
 
 しかも、つかこうへいの『郵便屋さんちょっと』ですから。(そのままじゃなくて、かなり扉座版ではありますが)

 皆様の更なるお力添え、よろしくお願いいたします。

 また、大人の皆さまにおかれましても、ぜひ、ご高覧頂けますよう、伏してお願い申し上げます。

 

 

 
 
  


  
 

 
 
 
 
 
 
 

 










ジパング青春記 その2

 伊達政宗が黒船を作って、欧州に使節団を送った。
 その壮大な歴史ロマンを綴りながら、
 先の大震災と大津波の悲しみと、復興への願いを舞台作品として語ることができた。

 つくづく、この巡り合わせは、奇跡的なものだと思う。
 
 わらび座新作『ジパング青春記 慶長遺欧使節団出帆』は、4月15日に角館・わらび劇場で初日を開けて、すでに公演中。

 しかし初日の翌日からさまざま用事が立て込んでいて、私は終演後に帰宅していた。
 で2週間ぶりに、もうひとつのロングラン『げんない』のキャスト入れ替え稽古をするために角館に行って、舞台を見た。

 この短い間でも、若いキャストたちの進化が目覚ましく、
 またダンスとか歌とかの各所も熟成が進んでいて、完成品を見た気がした。

 でしみじみ、思った。
 
 おそらく、私がわらび座と組んで作る作品として、これ以上のものは出来ないのではないかな。こんな奇跡がまた起こるのはきっと数十年後だろう。
 
 自作の最高峰というつもりはなくて、今後も、更にマスターピースを目指して扉座や、他の現場で仕事は続くんだけど

 わらび座にしかできないこと。
 長い長い座の伝統芸と、今の技術、新たな感性との、よき出会い。
 しかも今この時に、作って、この劇場で人々に見てもらうべき内容。
 数作の共同作業を経て、各スタッフと築いた相互理解と連携、その完成度。
 集まった俳優たちのすばらしさ。(その未完成な若々しさも含めて)
 
 今の進行中の『げんない』はじめ、今までのわらび座、坊っちゃん劇場での仕事も、面白かったと胸を張っていうけれど

 わらび座じゃなきゃならなかったか
 今この時に、ここでやるものか、見せるものか、と深く問う時、この『ジパング青春記』ほどのオンリー感、タイムリー感はないだろうと思う。

 ま、それぞれに異なる製作意図があるんで、それはそれで大事なのだけど。

 今回の『ジパング青春記』の奇跡感は、それらの諸事情をちょっと超えて、はるか遠くまで届きそうな気がするのである。
 それも十年後にとか、いつの日かではなく。まさに今、この時に。

 たとえば大津波という言葉にしても、復興というキーワードしても
 エンタテイメントの中で扱うには、決して簡単な言葉じゃないが、
 この劇場にミュージカル作品の中の言葉として響かせるには、去年でも来年でもなく、今この時がベストなんだという気がするのである。
 早すぎても、生々しすぎるし、遅くなると刺さらない。

 そしてそのベストが、今ここで生まれていると思うのである。

 もしこれが傑作と人々から呼ばれて、将来再演を重ねたとしても、きっと今この時にわらび劇場で放たれているほどの、強い光は発さないだろう。
 また、とても素晴らしいから東京でお金をかけて、有名俳優、実力者を集めて上演しようと試みても、今の俳優達、この一座、劇場で見る以上の感動は産めないだろう。

 私は今この舞台を 日本中の人々に見てもらいたいと、真剣に思う。

 もしこれを東京でやってたら、もっと反響がスゴイだろうな、と少なからぬ経験から予測する。
 桜の季節を迎えた、わらび劇場ではゴールデンウィーク中も善良で温かいお客さんたちがそこそこ見に来てくれてはいるけれど
 皆、誠実で慎ましやかな、方々だ。
 とても穏やかに、静かに、見守ってくださっている。

 祭りの時しか熱狂しないという東北の人々。
 復興大臣に、侮辱されても、口汚く言い返すなんてことはまったくしないで、微笑みと共に話題を、美しい話へとすり変えてしまう。
 どんな困難でも内側に感情を抑えて、じっと耐えぬく強さが、かの地の美徳と私も愛するが、
 しかし芝居だって祭りだからさ。
 ロングランではあるけれど、限りある生ものだからさ。
 できればもっともっと熱くメッセージを発してくれたらいいのにな。

 私は、滅多にここまでは言わないんだけど
 そして、評判とは自分で立てるものではなく、人が立てるものだと思って、常にやせ我慢してるけど。

 皆があまりに静かだから
 今回は思い余って、自分で叫びます。
 煽ります。
 こんな舞台、いわば惑星直列のような、何10年に一度起きるかどうかの奇跡だよ。
 それが今、角館で生まれて、毎日上演されてるんだよ。
 
 だまされたと思って、見てみて欲しい。
 そしてもっと騒いでほしい。
 
 ここにこんな劇場があって、こんな舞台が毎日真摯に上演されていることを、人々に伝えてほしい。